日米間のベンチャーを取り巻く環境の違い

2008.07.11

経営・マネジメント

日米間のベンチャーを取り巻く環境の違い

坂口 健治
クイックウィンズ株式会社 代表取締役

先日、米国VC協会理事を務めるVCのパートナー(日本人)のご講演を聴く機会をいただいた。パートナー(社員)はたったの9名。にもかかわらず約2,000億円というファンドをシード/アーリーステージの世界中のベンチャーに投資しているという。

また、違った観点だが、過去の実績に基づく成功ベンチャーの共通項として次のような説明があった。

■成功ベンチャーの6つの共通項

1.CEO(創業者)が健在
2.創業時から、人材やビジネスモデルがグローバル
3.何らかNo1.
 - No1.である切り口をしたたかに打出している
4.顧客中心の商品やサービス作り
 - 技術などは1.5流でも顧客目線を優先する会社が伸びる
5.得意分野にフォーカス
 - リソースや経営資源を考慮し何かにFocusしている
6.上場後も創業者の態度が不変

経営コンサルティングとVCが行うハンズオン支援は行うことはかなり似ている。コンサルティングはお金をいただいて経営改革を支援するのだが、VCのハンズオンはお金を投資して事業主体者として経営改革を行う。関与の形態は違うが、現場で行うことの共通点は多い。

そこで一コンサルタントとして質問してみたのだが、米国ではVCのハンズオンをコンサルに外注するケースもあるらしい。たしかに9人で2,000億円のハンズオンはそれなりに無理があるだろう。

ハンズオンはもちろん多種多様であろうが、日本のように、金は出すが口を出さない(出せない?)のではなく、ハンズオンの効用を理解したうえで、自分たちでやるかもしくは、コンサルと組んででもハンズオンを行うという選択肢もあるのではないか。お金を投資して運用しているのは米国も日本も同じだが、「ベンチャー成長支援」という本質に対するコミットメントが随分日本とは違うような気がする。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

坂口 健治

クイックウィンズ株式会社 代表取締役

所属企業のカンバン、規模によらず個人が持つ付加価値やパーソナリティでビジネスプロフェッショナルがもっと輝きもっと活躍できる社会への貢献をVisionにQuickWinsを創業。INSIGHT NOW! ファウンダー、運営事務局メンバー

フォロー フォローして坂口 健治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。