だからおまえは東大じゃない

2020.12.14

ライフ・ソーシャル

だからおまえは東大じゃない

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/ひろゆきとかいうやつが、したり顔で、「東大は努力より親のカネ」などと言っているのを聞いて、だからおまえは、と思った。/

ひろゆきとかいうやつが、したり顔で、「東大は努力より親のカネ」などと言っているのを聞いて、だからおまえは、と思った。

東大生の親は金持ちだ、というのは、統計的な事実かもしれない。しかし、この相関関係から、親が金持ちだから東大生になれた、という因果関係を導き出すのは、論理的にまちがっている。これは、英国の哲学者ヒュームなどが言う経験主義者の誤謬。

もし相関から因果を導く演繹が許されるなら、子どもが東大生だから親が金持ちになれた、という逆の因果関係も言えてしまう。実際、昔の中国では、息子が科挙に合格すると、その出世と人脈にみなが先行投資して、親に大金が集まった。

そもそも、年収一千万の親の子より、年収二千万の親の子の方が合格率が高い、そして、年収三千万の親の子の方がさらに合格率が高い、というのであれば、年収と合格率の相関関係が言えるが、そんなデータは無い。つまり、年収と合格率の相関関係そのものからして根拠が無い。

あるのは、世間では年収950万以上が22%にすぎないのに対して、東大生の家庭は54.8%である、というデータだけ。しかし、そもそも東大は、東京の地元より、地方出身者が多い。そして、首都圏私立大学生の家庭の平均年収でも、942万5000円(東京私大教連, 2019)。五月1ヶ月の仕送り額だけで、バブル期の151,200円(1994)よりかなり下がったとはいえ、いまだに月97,700円(2019)。

つまり、東大に合格できるかどうか以前に、地方から東京の大学に子どもを送り込むだけで、やはり950万以上の家庭年収がないと、かなりきびしい。東大生の家庭の過半数の年収が950万円以上というデータは、950万以上の年収があるから、東大に合格できた、のではなく、それくらいの年収がないと、東大だろうと、他の私立だろうと、そもそも家賃や物価が法外に高い東京に子どもを送り込めない、ということを示しているにすぎない。

もっとクリティカルな問題は、年収が二千万でも、三千万でも、カネさえあれば、東大に合格する、というわけではない、ということ。つまり、地方から東京の大学に行かれる(東京で一人暮らしをさせられるだけの仕送りができる)というところに大きな家庭環境の足切りがあり、そこから先、東大に合格するか否かは、まったくの学力問題となる。

いや、でも、金持ちは、子どもの時から塾に通わせて、中高一貫の私立の進学校に入れて、うんぬん、と言うかもしれないが、これまた進学校に行ったからと言って、それで東大に合格できるわけではない。進学校出身の大半は、結局、東大を落ちるのだ。もちろん、普通校よりは進学校の方が合格率が高いかもしれない。しかし、それは中学受験ですでにかなり厳しい学力選抜が行われているからで、これまた、かならずしも、進学校に行ったから合格できた、という因果関係は証明できない。

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。