縮小より停止撤退の方がまし?:固定費と損益分岐点の問題

画像: 参考資料:重文 四条河原遊楽図屛風

2020.03.19

経営・マネジメント

縮小より停止撤退の方がまし?:固定費と損益分岐点の問題

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/赤字が出そうなら、前もって、設備などの固定費の方を切り詰め下げて、なんとしても損益分岐点を超える、というところにこそ、興行経営、飲食物販経営のキモがあった。にもかかわらず、出演者も、料理人も、販売人も、その流動性の基本を忘れ、サラリーマンのように硬直した精神しか持たなくなってしまった。/

やりたければ、まずギャラ保証を止めろ。上に寄生しているロートル連中を減らし、自分たち自身でリスクを負え。設備なしの屋外広場で、フラッシュモブのように、短時間の一幕もの、一曲のみで。試合なども、最小人数一回戦のみの真剣勝負。あとは総出で、ファンへのグッズ販売や写真撮影。実入りは、集まった顧客の収入に応じた投げ銭を関係者全員で山分け。移動は、自転車でもなんでも、各自でどうにかしろ。飲食や物販も、屋台を担いで、季節や天気しだいで、もっとも客のいそうなところへ、どこにでも出向く。ようするに、セレブ気分を捨て去って、地方プロレス、地下アイドルなんかと同類であった原点を思い出せ。

巨大化しすぎた豪華なチームや劇団、店舗の維持や設備などの固定費を思い切って下げないことには、手も足も出ず、沈没していく。このままなら、半端なことをやるより、停止撤退の方が、経営としては合理的だ。いままでどおりというような、わがままだけを言い続けても、儲けが出る見込みの立たない、それどころか絶対的に赤字確実な興行や経営を手がけてくれる者などいない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。