理解を求める者を、理解してはいけない

画像: photo AC: サンサンさん

2019.06.04

ライフ・ソーシャル

理解を求める者を、理解してはいけない

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/きみが理解し、きみが命がけで守るべきは、きみを理解し、きみを黙って支えてくれている家族、同僚、近隣の人々、そして、いろいろ事情を抱えながらも黙々と自分でやりくりしてがんばっている社会の人々だ。そいつではない。/

ダメなやつは、言いわけがましい。自分のことを理解してくれ、と延々と語る。学生でもそうだ。出席不足で単位を落とすようなやつにかぎって、家が遠いから、いつもバスが遅れるから、この夏は体調が悪かったから、挙げ句は、もう就職が決まっているから。般教単位も取れていないのに、よく「卒業見込」と称として会社を廻っていたものだと、呆れる。

誰だって、それぞれになにかしら事情は抱えている。それで、それを自分でどうにかやりくりできる程度の余裕を含めて、試行錯誤の末に、いまの制度はギリギリのバランスでできている。大学の出席数で言えば、半期15回のうち、10回以上出ればいいだけ。これにすら足らないとなると、どんな事情があろうと、その事情如何にかかわらず、もはや事実として、その科目を学んだことにはなるまい。にもかかわらず、理解してくれ、などと一方的な「交渉」を持ちかけてくるのは、自分のために改竄という不正をしろ、ということ。

だが、人に理解を求めるヤツは、人を理解する気がまったく無い。人の好意を無限に吸い取るだけのブラックホールの亡霊。たとえば、閉店直前に商品を迷う客。いいだろ、10分くらい、どれか買うんだから。だが、担当の店員は、子供を保育園に迎えにいかないとならないのかもしれない。たった10分でも、それで電車が一本遅れれば、延長保育になる。商品が売れて店が儲かったとしても、延長保育の費用まで店は出してはくれない。自腹を切ることになる。こうして、客の身勝手のツケは、母親の迎えをさみしく待ち続けている子に廻される。人に理解を求めるやつは、こういう社会的想像力がまるっきり欠落している。

事情なんて、みんな、ある。おまえだけじゃない。やっていることがデタラメなくせに、口先だけ達者で、やたら人に理解を求めるヤツは、それが他人にとってまったく理不尽な負担増であること、さらには他人にむりやり不正を強いることであることなど、考えもしない。ただ自分の目先の利得だけを一方的に追求する。それどころか、相手の譲歩が得られないと、それまで弱者ぶって同情を買おうとしていたくせに、突然に豹変して強圧的にぶち切れる。

やつらの、理解してくれ、は、ヤクザの、誠意を見せろ、と同じ。いや、論法、レトリック、行動様式、すべてが、ヤクザそのもの。ようするに、おまえが譲歩しろ、オレ様だけ特別扱いしろ、特例で優遇しろ、ということ。くわえて近頃は、ヤクザの組のように実体不明のニワカ集団まで作って、マスコミを煽り、表と裏の両側から交渉を展開し、自分たちの主張をゴリ押し。意に従わない者たちに対しては、あの人は冷たい、薄情だ、人間性が無い、などと、テロのような全面攻撃。そのうえ、そこにまた、まあまあ、そこをなんとか、などという「善人」ぶった変な仲介者(じつは共依存の共犯者)が割り込んできて、よけいややこしくする。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。