クラブを忘れたダイナース

2018.12.28

経営・マネジメント

クラブを忘れたダイナース

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/ダイナースはクレジットカード会社ではない。クラブだったはずだ。誰でも入れるような会は、誰も入りたがらない。ダイナースが生き残るためには、いっそ昔どおり、国家資格かMBA以上必須のように、あえて成金富裕層を蹴散らし、社会的信用のある限られたメンバーだけの上質のプレミアムクラブとなるような事業再認識が必要ではないか。/

先月末、こんな事件があった。11月20日、幻冬舎の月刊誌『GOETHE』のWeb版に、その雑誌の常連の「美人秘書」とやら三人が鼎談するダイナースクラブの広告が掲載されたのだが、ここに、「通販サイトのカードでいばられてもね(笑)」「男性が交通系の機能がついたカメラ屋さんのカードで支払っていたときは、気まずく感じてしまって見ないふりをしました(笑)」「百貨店とかスーパーとかのカードしか持っていないと、「この人は何にもこだわらない人なんだろうな」と思っちゃう。」などと書かれており、会員から苦情が出て、26日に削除された。

この広告は『GOETHE』側から持ち込まれた提案で、企画・制作は『GOETHE』に一任した、というが、事前チェックがあったにせよ無かったにせよ、『GOETHE』なんかに広告を出そうとしたことからして、広告主のダイナースクラブ側の運営者(三井住友トラストクラブ)の責任は免れえない。そもそも、こんな広告を出してしまうくらい、自分たちの会社の事業定義を勘違いしているのではないか。

そもそもダイナースは、クラブだ。バブル以前、親の代からの数十年来の会員としては、ダイナースの変貌と凋落には言葉も出ない。かつては教授・医師・弁護士、実績のある企業の経営者や管理職であることが入会条件で、それも、既存会員の紹介を必要とした。旅行でも、食事会でも、相応の教養と礼節のある人々の集まりで、楽しく歓談し、気持ちよく過ごすことができた。ところが、それが、いつの間にか、誰でも来々の成金カード屋に成り下がっていた。育ちの劣等感とカネの優越感のコンプレックスなのだろうが、わがままで横柄な人が増えた。会員雑誌『signature』も、最近は度派手な金満広告だらけで、もはやまったく趣味が合わない。昔からのまともな会員は、むだな贅沢などしないのが、わかっていない。

「ダイナース(晩餐)クラブ」という名は、通貨交換の面倒な海外などでも、心ゆくまで満足できる、きちんとした食事をしたい、という会員を希望を示すものであり、そのために会員証にクレジット機能が付帯しただけであって、後払いのクレジットカードというのなら、それ以前から他にもあった。近頃の新規会員には、使える店が少ない、などと文句をつける向きもあるようだが、もともとはミシュランの星付きと同じで、ダイナースクラブに加盟できるレストランというのは、相応以上の店と客の水準を証明するものでもあった。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。