クールジャパンのウソ!:売物ジャポニズムvs見えざる日本の美

画像: photo AC: JAKUTAKU さん

2019.07.09

ライフ・ソーシャル

クールジャパンのウソ!:売物ジャポニズムvs見えざる日本の美

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/マンガやアニメは、戦後の反古典主義的(反戦前的)サブカルチャー。そのファンが世代的に社会から退場しつつあるために、市場は高齢化し、規模も縮小してきている。海外においても、ファンは「負け組」であり、例外的少数は富豪コレクターになるかもしれないが、大勢としては、趣味変革を起こすほどの力を持ちえない。/

そもそも、日本においても、マンガやアニメは、根本において戦後の団塊世代からバブル世代の反古典主義的(反戦前的)サブカルチャーにすぎない。その彼らが社会の中心から世代的に退場しつつあるために、明治期の歌舞伎や浮世絵と同様、サブカル市場は急激に高齢化し、市場規模も縮小してきている。しょせんは、教養(過去の文化遺産)の無い平和呆けニート連中の昭和平成徒花残滓。この意味で、これらについても、これらを〈日本の美〉として認めることは、今後においても、かなり無理がある。

このような意味で、見た目の上でのみ奇天烈度派手なだけのキッチュを羅列した、昨今の日本売り出しの馬鹿騒ぎは、もっとも〈日本の美〉から遠いのかもしれない。世阿弥の言う「秘すれば花」のような、古くからの文化的教養を積み上げにおいてのみ理解される重層的な奥行は、せわしない現代において、まさに失われていく美、だれにも見えなくなっていく美なのかもしれない。だが、売物ではない本物の日本文化に親しむ外国人が増えてくると、むしろ日本人一般以上に〈日本の美〉に関心を持ち、それをきちんと理解できる外国人もまた増えてくるに違いない。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。最近の活動に 純丘先生の1分哲学vol.1 などがある。)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。