クールジャパンのウソ!:売物ジャポニズムvs見えざる日本の美

画像: photo AC: JAKUTAKU さん

2019.07.09

ライフ・ソーシャル

クールジャパンのウソ!:売物ジャポニズムvs見えざる日本の美

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/マンガやアニメは、戦後の反古典主義的(反戦前的)サブカルチャー。そのファンが世代的に社会から退場しつつあるために、市場は高齢化し、規模も縮小してきている。海外においても、ファンは「負け組」であり、例外的少数は富豪コレクターになるかもしれないが、大勢としては、趣味変革を起こすほどの力を持ちえない。/


能楽と茶道の再生

英国外交官サトー(アーネスト・サトウ、1843~1929)は、1862年に着任して以来、日本文化の理解に勉めた。なかでも彼が感心を持ったのは、能であり、頻繁に上演に通い、数々の謡(うたい)本を集めた。これに続いて73年にお雇い外国人として招聘された国際的英国人チェンバレン(1850~1935)は、海軍兵学校で英語を教える一方、日本語、特に詩歌を本格的に研究し、サトーから謡本を譲り受けている。さらに、77年に開校した旧東京大学のモースやフェノッローザも、能に深い関心を寄せ、ともに梅若実の弟子となって、みずから謡や仕舞を稽古している。

しかし、明治前半において、能は、日本画と同じような状況にあった。室町から戦国にかけての武将の能趣味を承け、幕府は、能を正規の式楽とした。武断から文治への転換の必要性、そして、参勤交代と並ぶ大名消耗策として、各家中もまた能楽師を抱え、これを嗜み、その面や衣装、上演に財を費やした。だが、この支援体制は、維新とともに瓦解。能楽師たちの多くが路頭に迷うところとなった。

とはいえ、能には、浮世絵に似た一面もあった。庶民は実際の上演を見ることはかなわなかったが、多くの寺子屋などで、その謡本が教科書とされていた。能は、名所旧跡に因んだものが多く、また、源氏物語などの古典から主だったエピソードを採り上げていた。それゆえ、歴史や地理、文学を初学者が学ぶのに最適の教材だった。つまり、庶民は、旅をしたことがなく、また、原本を読んだことがなくとも、能の謡本で教養として多くの知識を身につけていたのであり、謡そのものも暗唱できた。

他の家中との交流を断つことは、江戸幕府の重要な政策のひとつであり、数百年に及ぶこの分断政策によって、他の地方とは会話が成り立たないほど、方言がひどくなっていた。ところが、能の謡だけは全国共通であり、古く室町に遡る奇妙な謡言葉(「候文」)を用いることによって、遠方に書簡を送ることもできた。各地の下級武士が連絡を取り、集って倒幕運動が可能になったのも、この謡文化の全国共通性があればこそ。彼らが打ち立てた明治政府もまた、謡文化を引き継いでおり、能の上演そのものは途絶えても、その謡だけは、庶民から政治家まで、日本人としての共通文化であり続けた。

明治の養蚕で財をなした池内信嘉(1858~1934、高浜虚子の兄)は、1902年、能楽館を設立し、雑誌を発行。早稲田大学の坪内逍遙などを巻き込んで、謡曲文学研究会を立ち上げる。また、高浜虚子の縁で、夏目漱石もまた、1907年に宝生新(1870~1944)に弟子入りして、本格的に謡を習っている。その前年の1906年に発表した『草枕』では、洋画家を主人公として、芸術論を語らせ、「能にも人情はある。七騎落でも、墨田川でも泣かぬとは保証が出来ん。しかしあれは情三分芸七分で見せるわざだ。我らが能から享けるありがた味は下界の人情をよくそのままに写す手際から出てくるのではない。そのままの上へ芸術という着物を何枚も着せて、世の中にあるまじき悠長な振舞をするからである。」と言う。ここで、漱石は、能のありがたみは、逍遙が主張するような心理描写の写実主義にあるのではない、と、明確に否定している。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。