運動部は大学の悪性腫瘍

画像: photo AC: gimyzrさん

2018.05.28

ライフ・ソーシャル

運動部は大学の悪性腫瘍

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/働かない専業の実業団チームの多くがバブル後に廃止されたように、勉強しない学生の大学運動部など、廃部は時間の問題。サルの曲芸でもあるまいに、がんばってるというだけで、みんなが喜んでくれ、法外な御褒美がもらえる、などというわけがあるまい。それとも、いまの一般学生たちの冷たい視線の厳しさにも気づかないほど、病的に視野が狭くなってしまっているのか。/

大学は勉学の場。ところが、勉学とは関係の無いやつらに乗っ取られてしまった大学、そうでなくても、悪性腫瘍のように内部に食い込んしまい、本体を衰弱させている大学が少なくない。あえてわかりやすく極端に戯画的に言うと、以下のような事態が、そこここの古い大きな大学で見られる。


いかにして大学は運動部に乗っ取られたか

なぜこんなことになったのか。第一に、明治時代。維新政府において、その出身藩閥の対立を解消すべく、全国に五帝大が作られ、私学を含め、藩閥の融和解消が図られた。しかし、これはすぐに出身学閥となり、学生はもちろん所在地を巻き込んで、運動部の交流試合を盛り上げることになる。

第二は、学校教練。もともと義務教育は国民皆兵と表裏一体だったが、第一次大戦後、中等教育はもちろん、大学にまで陸軍将校が義務的に配属され、軍事を教え始める。これは、戦史や講話などの座学もあったが、その中心は体育であり、太平洋戦争の劣勢敗退とともに、いよいよ大学は練兵所と化していった。

第三は、反共。敗戦とともに、反動的に労働闘争が激化し、大学もまた左翼の牙城となって、ロックアウトや教職員の吊し上げが頻発。GHQ監視下におかれた警察はまったく無力であったために、対抗のため、一般企業同様、大学も広義のヤクザ者(愚連隊上がりなど)との関係を利用せざるをえなくなる。また、運動部の学生たちを事実上の学長の暴力的親衛隊とし、事務局職員として数多く採用。

第四は、高度経済成長とオリンピック。団塊世代で大学はマンモス化。補助金と建設利権が相まって、勉学とは関係ないグラウンドや体育館などが大学に次々と建設される。くわえて、軍事に代わる国威発揚のため、国際大会に出られる若手選手の養成が大学の任となり、勉学しない「学生」、その監督やコーチが、さらに大量に大学に喰らいつく。

第五は、バブルと少子化。テレビ中継によって、学生スポーツが手っ取り早い大学宣伝の方法と認識されることになり、高校の強い選手を推薦特待で大学が奪い合う。さらに、少子化で、運動部が学生集めの窓口となり、勉学などする気のない「学生」をとにかく数だけ確保する手段となっていく。

これらの結果、気付けば、大学は、勉学とはほど遠い連中だらけ。しかも、彼らは、学生も、監督コーチも、法外な奨学金や報償金を得て、広大な大学の施設を占有、それどころかタダ同然の寮や高級職員住宅で大学の中に住みつく特権階級。大学を学部に分割して連携を断ち、特定部以外の学生の運動サークルを陰湿に潰し、事務局で大学全体を支配。その他の教員や学生は、その応援に組織的に動員され、奴隷も同然。遠征だの大会だの、なにかと理由をつけて、露骨にカネまでせびり取られる。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。