竹林 篤実の執筆記事一覧

2016.09.20

『〆切本』(左右社) ブックレビューvol.13

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

とんでもない本が出た。その名も『〆切本』。表紙カバーには「どうしても書けぬ。あやまりに文藝春秋社へ行く。」「拝啓 〆切に遅れそうです」などと記されている。...

2016.09.05

マーケティングの因数分解パート1

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

素晴らしいアイデアを思いついた! これを活かした新製品を開発、あるいは新サービスを展開すれば絶対うまくいく……、と思って始めたビジネスが、うまくいかないこ...

2016.08.22

失敗した! そんな時こそマーケティングで考えなおそう

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

新商品を発売したり、新しいサービスを立ち上げたりする。そんな時は、誰もが成功する気満々のはず。まさか失敗するなどとはつゆ足りとも考えていないだろう。けれど...

2016.08.18

『医者は現場でどう考えるか』ジェローム・グループマン(石風社) ブックレビューvol.12

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

つい最近、IBMが開発した人工知能「ワトソン」が、医療で画期的な活躍をしたと報道されていた。医師では診断が難しかったがん患者の病名を、わずか10分ほどで突...

2016.08.08

価値生産時間について

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

ビジネスとは、価値と対価の交換である。従って仕事とは、何らかの価値を生み出して顧客に提供する結果、価値に見合った対価を得る行為といえる。そこで考えてみたい...

2016.07.22

『奇跡の脳』ジル・ボルト・テイラー(新潮文庫) ブックレビューvol.11

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

脳科学が進歩し、さまざまなことがわかってきた。たとえば、将来アルツハイマーを発症するかどうかは、かなりの確率でわかるようになっている。本書も、脳に関するシ...

2016.07.12

「為せば成る、為さねば成らぬ」とは、どういうことか

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」とは、上杉鷹山が家臣に与えた家訓である。正確にはこの後に「成らぬは人の為さぬなりけり」と続く。この言葉は、できそうもな...

2016.06.27

知られざる、金沢工業大学の巧みなマーケティング戦略

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

金沢工業大学といっても、ご存じない方が多いかもしれない。名前の通り、金沢市にある工業大学である。地方の、私立の、単科大学を、わざわざ取り上げる理由は、その...

2016.06.21

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』中島聡(文響社) ブックレビューvol.10

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

タイトルを見て、ドキッとした方も多いのではないだろうか。仕事は確かに、予定通りには終わらないものだ。もちろんたいていの方が、仕事を一つ受けるたびに予定を立...

2016.06.14

なぜロボットはコップを持てないのか(人にはどんな仕事が残るのか)?

竹林 篤実 / コミュニケーション研究所 代表

Googleが開発した囲碁AI(Artificial Intelligence=人工知能)「AlphaGo」が、韓国のプロ棋士イ・セドル氏を破った。ディー...

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。