ラモーの甥:虚人の乙武を哲学する

2016.03.28

ライフ・ソーシャル

ラモーの甥:虚人の乙武を哲学する

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

/乙武である、というだけで、大金が転がり込む。しかし、乙武である、からといって、本当は、なにかができるわけではない。アリストテレスが言うように、人間は、その人が何をしたか、でこそ、定義される。なにか社会に貢献することでのみ、みずからもまた社会的な存在となることができる。だから、相手の期待と信頼に応え、みずから相手の相手に、なる、なろうと努力する、のでなければいけない。/

 革命に先立つフランス18世紀、作曲家ラモーの甥が各地のサロンで話題になっていた。やたら大きな顔で、世間のモラルを偽善と嘲り、人の悪態をつく。しかし、彼自身は有名人の親族であるというだけで、何者にもなれない、なろうとすらしない小人物。『百科全書』を編纂した当代一の啓蒙知識人ディドロもまた、その時代を象徴するかのような、その人物像に関心を持ち、実話とも虚構とも付かぬ彼との対話篇を書いたが、生々しい世評を含むせいか、生前に公表することはなく、没後ようやくゲーテのドイツ語訳で知られるようになった。

 人間、手足が無くて、カネだけあったらどうなるか。そんな思考実験のような話を実例が実証してしまうと、人間というもの本性の浅ましさに、なんとも恐ろしくなる。結局のところ、性欲と名誉欲の、他者承認欲求の化け物。ニーチェの言う、弱者支配のルサンチマン(怨嗟)。だが、どこへ行っても、だれと親しくなっても、彼には居場所が無く、心が満たされることはあるまい。それは、彼がなにもしていないから。それで、内面が空虚で真っ暗だから。自分を愛する力、などと、ことさら強調したがるのは、本当は人生に自暴自棄になっていて、まさに自分自身が自分自身を最も嫌っているから。


 かの有名な乙武様である、というだけで、笑えるほどの大金が転がり込む。しかし、乙武である、からといって、本当は、なにかができるわけではない。そもそも、彼が四肢欠損でなかったなら、大学を卒業していきなり一流誌「NUMBER」の記名ライターになれただろうか、難関の採用試験を受けずに小学校教師になれただろうか。初めての小説がすぐに映画化され、演技の勉強もしたことの無いやつが主役で主演などということがありえただろうか。自称作家だそうだが、文章も講演も、発言者が乙武であるということを抜きにしたら中身は凡庸、というより、むしろしばしば反社会的。つまり、見世物の道化、時代のトリックスターとして、乙武である、ということがすべて。こういう世間の側の茶番、彼を利用しようとする連中の露骨な逆差別に本人自身が気づいていないわけがあるまい。


 手足があるとか無いとかということより、本人が本当は何もできない、何の才能も無い、ということが問題だ。オウムの麻原は言うまでもなく、女子学生のHレコーディングが生きがいの岡田某、カジノで百億円以上を摩った製紙会社の御曹司の井川某なども同類。ベッキーも、ハーフである、というだけで、歌も、ドラマも、お笑いも、もともと何の才能も無い。ショーンKも、ホリエモンも、でかい商売を詐称していたただけで、実態は空っぽ。自分のウソは本人がいちばんよく知っている。本当の意味で人に愛される、自分自身を愛する理由が無い。だから、他人の愛の亡者になる。しかし、本人が空っぽでは、どこまで欲を追っても、限りがあるまい。

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。