今日は何の日 2月25日は「ヱビスの日」

画像: PhotoAC acworks

2016.02.25

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 2月25日は「ヱビスの日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

ちょっと贅沢なビール「ヱビスビール」の誕生日です。今から100年以上も前、明治23年のことでした。

今日、2月25日は「ヱビスの日」です。

1890年(明治23年)2月25日、東京・恵比寿に本社を置くサッポロビールのちょっと贅沢なビールブランド「恵比寿ビール」が発売されました。ヱビスビールはドイツから機械を取り寄せ、ドイツ人技師にビールの造り方を教わり、本場の味を追求して作られました。1900年(明治33)年にはパリ万博に出品し、30か国以上の中から選ばれて、金賞を獲得するという快挙を成しとげたそうです。(ヱビストリビア

今の渋谷区恵比寿という地名は、このビールにちなんで名づけられた町名です。さきに恵比寿ビールの工場ができ、1901年(明治34年)にビールの出荷用に「恵比寿停車場」が作られました。そのあとに旅客用の「恵比寿駅」が作られ、恵比寿と言う町になっていったのです。生産地名を付けた「地ビール」とは一味違いますね。

ヱビスビールは「ドルトムンダー」というビアスタイルで、ほどよい苦味とモルトの甘みが調和して穏やかな風味がします。今ではプレミアムというネーミングのちょっと贅沢なビールは多く販売されていますが、戦後復活した1971年(昭和46年)には、国産で麦芽100%というプレミアムビールはヱビスビールだけでした。その後、限定生産のものも含め何種類ものヱビスビールが開発され、今に至ります。

ビール類全体の出荷量は年々減少していて、2015年には11年連続のマイナスを更新しています。今の40代、50代くらいまでの人たちは居酒屋で「とりあえずビール」というのが定番ですが、30代以下はあまりビールにこだわらないようです。家庭用の缶入りアルコール飲料も多種多様な商品に押されるばかりです。それでも、味や機能にこだわったクラフトビールの好調と、将来の酒税一本化によるビールの実質値下げを見据えて、大手4社がビール事業強化を計画しているというニュースもつい先月見かけました。ビールの復権はなるのでしょうか。

「ヱビスの日」の今日は、とりビー世代の方も、そうでない方も、明治の世からの移り変わりに思いをはせて、とりあえずビール!をご賞味ください。

PR INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: コンテンツ イズ キング だとお考えの方 キラーコンテンツをお持ちの方 キラーコンテンツの...
時期・期間: 利用期間に制限はありません。月2回以上の投稿をお願いしています。
実績数: プロフェッショナル登録:約60名
費用: 基本料金無料。記事投稿のみなら無料です。 コンバージョン1件5,000円の従量課金制。 5...
備考: 自社サイトへの直リンクは原則お断りしています。利用規約につきましてはお申し込み時にお渡しいたします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。