今日は何の日 2月8日は「ギョーザの日」

画像: Tatsuo Yamashita

2016.02.08

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 2月8日は「ギョーザの日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

​今日は春節。中国では縁起の良い食べ物として旧正月に餃子を食べる習慣があることから、この春節の日を「ギョーザの日」としました。

今年の春節は今日2月8日です。中国では縁起の良い食べ物として、旧正月に餃子を食べる習慣があることから、この春節の日を「ギョーザの日」としたそうです。日本人には餃子が縁起の良い食べ物という意識はあまりありませんが、その分、日常の食卓に定着しています。

日本では圧倒的に「焼き餃子」が定番ですが、中国やモンゴルなどアジア諸国では「蒸し餃子」「水餃子」の方が多数派です。点心にでてくる蒸し物も、スープで食べる水餃子も確かにおいしいですが、焼いた餃子のあのカリッとして香ばしい外側とジューシーな中身のコンビネーションが絶妙だと思うのは、日本人だからなのでしょうか。

餃子と言えば宇都宮か浜松か、みたいな話もありますが、首都圏に住んでいると餃子と言えばやっぱり蒲田です。蒲田は「羽根つき餃子」発祥の町とも言われています。中でも蒲田の餃子御三家「你好(ニイハオ)」、「金春(コンパル)」、「歓迎(ホワンヨン)」が有名でしょうか。ひとくちに餃子と言っても各店それぞれ個性的なので、食べ比べてみるのも楽しいです。蒲田の餃子は値段も手ごろなので、食べ歩きにはもってこいです。

餃子を家で作る方も多いようで、クックパッドには1万5千を越える餃子レシピが載っています。先日亡くなられた水木しげる氏の奥様布枝さんの著書「ゲゲゲの女房」では、貧しくて肉があまり買えずキャベツの方が多い太った餃子をよく作った話がでてきました。この太った餃子は水木サンやアシスタントさんたちのお気に入りだったそうです。今なら、野菜たっぷりのヘルシー餃子としても人気の出そうなレシピです。

手作りをしなくても市販の冷凍餃子はよく食べるという方も多いことでしょう。フライパンで焼くだけで、おいしい餃子が安く食べられるというありがたい商品です。ラーメン風スープの鍋に、冷凍餃子をそのまま入れる「餃子鍋」も手軽でおいしいです。餃子はやっぱり日常の食卓の味方です。

PR INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: コンテンツ イズ キング だとお考えの方 キラーコンテンツをお持ちの方 キラーコンテンツの...
時期・期間: 利用期間に制限はありません。月2回以上の投稿をお願いしています。
実績数: プロフェッショナル登録:約60名
費用: 基本料金無料。記事投稿のみなら無料です。 コンバージョン1件5,000円の従量課金制。 5...
備考: 自社サイトへの直リンクは原則お断りしています。利用規約につきましてはお申し込み時にお渡しいたします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。