スキップされがちなYouTube動画広告、5秒で効果を上げる2つの方法

画像: Ron Mader

2016.02.22

営業・マーケティング

スキップされがちなYouTube動画広告、5秒で効果を上げる2つの方法

動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部
Crevo株式会社

YouTubeで動画を見ようとしたとき、最初に広告が流れてきて、スキップできるようになるの5秒間が、待ち遠しいこともあるかと思います。 マーケティングの観点から言えば、この時間こそが、YouTube動画広告攻略のカギなのです。 今回は、AudiやOpelの事例を交えながら、どうすればその時間を有効活用できるのか、考えてみたいと思います。

YouTubeで動画を見ようとしたとき、最初に広告が流れてきて、スキップできるようになるの5秒間が、待ち遠しいこともあるかと思います。

マーケティングの観点から言えば、この時間こそが、YouTube動画広告攻略のカギなのです。
今回は、AudiやOpelの事例を交えながら、どうすればその時間を有効活用できるのかについて、考えてみたいと思います。

スキップする?しない?

何か見たい動画があってYouTubeにアクセスし、その動画を再生。すると、広告が流れる。興味のない広告であれば、スキップボタンが表示された途端、それを押す人がいても不思議ではありません。

YouTubeにインストリーム広告を出稿するなら、5秒後にスキップされることも頭のかたすみに置いておく必要があります。どうすれば、一人でも多くの人にYouTubeのインストリーム広告を見てもらえるのでしょうか。

Audiが仕掛けた究極の広告

Audiは新型R8を立ち上げた際、YouTubeのインストリーム広告を使ってプロモーションを行いました。
R8はAudiの誇る超高性能スポーツカー。停車状態から時速100㎞に達するのに要するのはわずか3.5秒。
すさまじい加速性能です。

Audiは新型R8を立ち上げた際、YouTubeのインストリーム広告を使ってプロモーションを行いました。R8はAudiの誇る超高性能スポーツカー。停車状態から時速100㎞に達するのに要するのはわずか3.5秒。 すさまじい加速性能です。

しかし、Audiはインストリーム広告を行うにあたって、二つの悩みを抱えていました。全ての視聴者がインストリーム広告全編を見てくれる訳ではないということ。そして、超高級車(新車価格約2千万円)のわりに少ない広告予算です。

“Audi R8: Gone in 5 seconds Case Study” ※実際に流された広告は34秒目あたりから

2つの効果

彼らの広告では、最初の3.5秒を時速100㎞までの加速映像に使い、残りの1.5秒で商品名と企業名の表示に費やしています。その後、画面には「You can skip the ad now.(もう広告をスキップしていいよ)」と表示されます。

この広告の短さが、逆に、R8の加速性能を強調する形となっています。スキップされることはないので、広告が表示された全員が、最後まで見たことになります。

副産物もあります。
YouTubeのインストリーム広告では、視聴者が「動画広告に対して何らかのアクションを起こすか、30 秒以上視聴」して、初めて料金が発生します。(30秒以下の動画の場合は、動画の最後まで視聴が条件)

Ads by Google

次のページスキップボタンを広告に取り込んだOpel

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部

Crevo株式会社

VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)では、動画を使った広告・マーケティングの活用事例や最新情報、トレンド、市場動向、企画・制作のポイントなど、動画に関わる全ての方の実務に役立つ情報をお届けしています。

フォロー フォローして動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。