SMAP騒動で訓練する逆の視点からの発想

2016.01.20

仕事術

SMAP騒動で訓練する逆の視点からの発想

竹林 篤実
コミュニケーション研究所 代表

逆の視点を持て。逆転の発想を大切にせよ。ビジネスシーンでよく聞くセリフだ。とはいえ、物事を逆から見るのは、それほど簡単ではない。そんな中で、今回のSMAP騒動は逆の視点から考える格好のネタだと思う。SMAPについて、特に思うことはないが、逆から考えてみるとどうなるだろうか。

生みの親より育ての親を大切にするサル
「生みの親より育ての親」とは、産んでくれただけの親より、養育してくれた親のほうがありがたいことを意味する諺だ。こんな諺が伝わっているのは、そうした事例がこれまでにいくつも積み重ねられてきたからであり、人の経験知として認識されているからだろう。
ことは人間に限らない。ある生物学の先生に伺ったところ、事情はサルでも同じだとのこと。サルも育ての親を大切に想う気持ちが芽生えるそうだ。そしておもしろいのが、最新の遺伝学の研究成果である。
獲得形質は遺伝しない。これが、生命科学上の従来の常識とされていた。例えば、小学生の頃、運動神経に恵まれず走りの遅かった人がいるとする。この人は、中学高校大学を通じて一生懸命に走る練習をすることによって、早く走れるようになった。やがて彼が親になり、子どもが生まれた。この子は早く走れるのかといえば、そうはならない。なぜなら、遺伝的には運動神経に恵まれていないからだ。
ところが、最新の研究成果によると、獲得形質も遺伝する可能性があるようだ。詳しい説明は省略するが、生きている間の行動によって遺伝子修飾が起こり、これが遺伝する。生みの親の遺伝子はもちろん遺伝するが、育ての親n養育により修飾された遺伝子も、次の世代に伝わる。生みの親より育ての親は、遺伝子的にも正しいと言えそうである。

生みの親がジャニーさん、育ての親が飯島さん
では、SMAPについて、仮に生みの親と育ての親がいるとしたら、どうなるか。生みの親はジャニーさんで、育ての親が飯島さんというのは、ほぼ間違いないところ。ところがジャニーさんの姉にあたる副社長は、SMAPが嫌いらしい。
週刊誌のインタビューで「SMAPは踊りが下手だから、嵐と一緒には踊れない」とコメントしたという。いささか強引な曲解になるかもしれないが、生みの親はSMAPを見限っているといえなくもないようだ。実際、デビュー当初のSMAPは鳴かず飛ばずで売れなかった。それをあれこれやりくりして、売れるように演出したのが飯島さんである。育ての親が飯島さんであることは明らかだろう。
中居くんが、生みの親であるジャニーさんから、どのように思われているのか。はみことはいわないまでも、かなりぞんざいな扱いを受けているらしい。これまでの稼ぎで考えれば、SMAPの貢献度はかなりのものだろう。
ところが年明け早々に放送された『人志松本のすべらない話』でのエピソードでは、ジャニーズ幹部によるマッチや東山紀之の扱いと中居くんの扱われ方の違いが明らかになっている。興味のある方は、「中居 すべらない話」でググッてみられるといいだろう。

PR

次のページ育ての親を捨てたのは誰か

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

竹林 篤実

コミュニケーション研究所 代表

フォロー フォローして竹林 篤実の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。