人並み病「アヴェリエンザ」からの脱却

画像: 現存最古の学生寮(京都大学)

2016.01.04

ライフ・ソーシャル

人並み病「アヴェリエンザ」からの脱却

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

/日本の「奨学金」は借金だ。無職無収入の貧困失業債務者の苦学生の分際で、人並みに青春を謳歌しよう、などというのは勘違いも甚だしい。君は君。人とは違う。生活を切り詰め、勉学に打ち込み、自分自身の大きな夢にこそ努力すべきだ。/

「奨学金」の返済に行き詰まる話をよく聞く。しかし、そりゃ行き詰まるだろう、と思う学生も少なくない。およそ借金をしている者の生活ではない。人並みのすてきな部屋で暮らし、人並みのこぎれいな格好をして、人並みにおもしろおかしく遊び歩き、人並みに大学をさぼりやがる。そんな分限知らずの生温いやつが、たとえ人並みに卒業して就職できたとしても、人並みの毎日を続けるかぎり、返済に回すカネなど、死ぬまでできるわけもあるまい。


近年、米国では「アフルエンザ」(金満病、金持の倫理麻痺)が話題だが、日本では「アヴェリエンザ」(人並病、凡人の倫理麻痺)とも言うべき病状が蔓延している。「アヴェレイジ」という語は、もともとはアラビア語のハルワリヤ、訳あり欠陥品、に由来する。大航海時代に、輸入品の欠陥相当分を投資家たち全員が均等に負担したことから、平均の意味に転じた。


かつて「人並み」は、底辺から脱出する向上心の動機づけになった。ところが、生まれながらの中産階級は、社会的なセフティネットや救済策の整備充実のせいか、どこか感覚的におかしい。手抜きをして自分自身が「欠陥品」になっても、その損失は社会全体で均等に負担してくれる。だったら、怠けないと損、がんばったら負け。人並みにいい加減でも、人並みにさぼって遊んでいても、みんなそうなのだから、ヘラヘラ笑って許されるはず、誰かがなんとかしてくれるはず。とくに、ほめて伸ばす、自己推薦のAO入試、なんていう生温い教育しか受けてこなかったユトリ学生たちは、お勉強をすれば御褒美をもらえて当然、と思っている。そんな連中にカネを渡せば、借金だろうとなんだろうと、後先考えず、あるだけ使ってしまう。そんな愚かしい風潮が、学生から学生へと感染。


日本の「奨学金」は借金だ。だが、問題はそこじゃない。ふつうの借し付け金なら、いや、たとえ違法なヤミ金でも、債権の保全回収が第一だから、できるだけ「相談」に応じ、でたらめむちゃくちゃな「追い貸し」を含め、現実に「返済」可能なプランを再調整してもくれる。ところが、お役人が考えた「奨学金」は、回収なんか気にしない。杓子定規の容赦無し。ちょっとでも返済が滞れば、いきなり一括請求。鬼より怖い。


そんなの、自己破産すればチャラ、手続も簡単、と弁護士は言う。しかし、それには会社に「退職金計算書」を作ってもらわなければならず、いくら個人情報保護といっても、いずれどこからともなく社内外のウワサにもなってしまうだろう。また、ブラックリストに載って住宅ローンはもちろん、クレジットカードも、ずっとダメ。なにより、契約時に温情をかけてくれた連帯保証人へ一括請求が回り、親戚まで地獄に引きずり込む。こうなったら、仕事も結婚も、なにもかも、将来まで道を絶たれる。

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。