今日は何の日 12月14日は「南極の日」

画像: Christopher Michel

2015.12.14

ライフ・ソーシャル

今日は何の日 12月14日は「南極の日」

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

12月4日、第57次南極観測隊が成田空港を出発しました。南極は地球環境変動のセンサーとなる場所なのです。

今日、12月14日は「南極の日」です。

ノルウェーの探検家ロアール・アムンセンと4人の隊員が人類で初めて南極点に到達したことに由来するそうです。アムンセンは1911年12月14日に南極点に到達しましたが、その僅か1ヶ月後の1912年1月17日にイギリスのスコットが極点に到達しています。

南極というと、いまでも「南極物語」のカラフト犬タロとジロのイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、今、南極には犬はいません。日本の観測隊が犬ぞりを使っていたのは1956年から数年だけで、雪上車の性能向上に伴い廃止されたそうです。また、1998年からは「環境保護に関する南極条約議定書」により、南極に元々ない「種」を持ち込んではならないことになり、その時点で南極にいた動物は全て連れ帰られたそうです。

南極観測隊は今も派遣されていて、今年も12月4日に第57次隊が成田空港を出発しました。オーストラリアから3週間かけて昭和基地に向かうそうなので、隊員たちはまだ砕氷艦「しらせ」の船上にいることでしょう。それにしても、なぜ南極に観測隊を派遣しているのでしょうか。南極観測隊の目的は?という問いに対する南極・北極科学館の回答をご紹介しましょう。

『南極地域で起こっている現象や、南極地域から得られる科学的知見は、私たちの現在の生活や、地球の将来に決して無関係ではなく、地球環境変動の様相を把握するために必要なセンサーの役割が南極域にあり、この地域での継続的な観測が重要であるといえます。』

確かに地球温暖化というとまずオゾン・ホールや解氷などが思い浮かびます。”センサー”となる極地ならではの現象なのですね。

南極は深海や宇宙と違い一般人でも行けるところです。南極大陸を巡るクルーズや南極の島々に上陸してハイキングやキャンプをするコースなどが普通に売り出されています。ただし、南極の特殊で貴重な環境を守るため、旅行に際しては環境省への申請または届出が必要です。(詳しくは環境省HP

満天のオーロラやペンギンのコロニーなど、一度は見てみたい気もしますが、あまり大勢で押しかけるような場所ではないようです。

※南極観測に関する記述は国立極地研究所「南極観測」を参照させていただきました。

PR INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

INSIGHTNOW!でコンテンツ・マーケティングをはじめませんか?

提供会社: クイックウィンズ株式会社
対象: コンテンツ イズ キング だとお考えの方 キラーコンテンツをお持ちの方 キラーコンテンツの...
時期・期間: 利用期間に制限はありません。月2回以上の投稿をお願いしています。
実績数: プロフェッショナル登録:約60名
費用: 基本料金無料。記事投稿のみなら無料です。 コンバージョン1件5,000円の従量課金制。 5...
備考: 自社サイトへの直リンクは原則お断りしています。利用規約につきましてはお申し込み時にお渡しいたします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。