9月6日は「松崎しげるの日」!色を使った自己ブランディング

画像: コーヒーカップの松崎しげる

松崎しげるさんと言えば「愛のメモリー」で有名な歌手。でも、歌番組以外にも様々なところで目にします。 「まつざきしげるいろ」に始まり、自己演出の上手さなど彼の魅力を、イメージコンサルタントの立場から分析してみたいと思います。

皆様こんにちは。
カラーコンサルタントRosa代表の山田美帆です。

ここ数年で「海の日」や「肉の日」「人間ドックの日」など、「この日何の日?」のような記念日が増えてきましたが…

先日9月6日は「松崎しげるの日」でした。
しかも、日本記念日協会から正式に認定されているのです。
なんでも、日付の9(ク)6(ロ)=黒の日=松崎しげるさんの顔の色と言うことで、記念日になったそうですが…
その日はデビュー45周年と言うことで、「黒フェスしげる祭 ~白黒歌合戦~ 」も行われたそうです。

そこで今回は、45年も芸能界の一線で活躍し続け、イメージカラーが記念日になってしまう、松崎しげるさんを
イメージコンサルタントの観点から分析したいと思います。


■そもそも何故あんなに黒いのか?

松崎しげるさんがデビューした1970年代は、日焼け=かっこいいという風潮で、褐色の肌が自慢という時代。
レジャーを楽しむ若者が増え、海水浴やスキー、そして海外旅行に行ってまで日焼けすることで、ブロンズ色の肌が富の象徴とされたようです。

野球少年だった松崎さんは、もともと色黒だったのですが、他の芸能人よりも極端に黒いことを意識して、積極的に日焼けしているらしいのです。
自分を「歩くメラニン色素」と称し、事務所と自宅に日焼けマシーンを設置して、一年中あの黒さを保つための努力をしているとか!?
ちなみに、そのマシーンの名前は「マイアミ」で、周りには「ちょっとマイアミに行ってくる」と言ってマシーンに入るそうです。

もともと肌がとても丈夫なそうで、それだけ焼いてもトラブルも少ないようです。
以前、TVで検証していましたが、シミも少なく肌年齢も若いなんて、驚きですね!



■知る人ぞ知る「まつざきしげるいろ」の存在

10年前、今は懐かしい「トリビアの泉」の中で、「松崎しげるの肌の色を絵の具で作る場合、色の割合は?」という質問がありました。

サクラクレパスによれば、「朱色が45%、黄色が25%、白が16%、緑が14%」、
絵の具の長さで出す場合は、朱色が4.5センチ、黄色が2.5センチ、白が1.6センチ、緑が1.4センチで、
放送当時は、フジテレビのお土産ショップで販売していたそうです。

こちらRGBであらわすと「#A55A4A」あたりだと言われていますが、


どうでしょう?黒と言うよりも赤みの茶色(伝統色名でしたら鳶色)ですね。
現在はもっと濃くなっているかもしれませんが、もっと黒に近い方が芸能人にはいるような気がします。

PR

次のページおまけ

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

山田 美帆

カラーコンサルタントRosa 代表

Ciao!カラーコンサルタントRosa代表の山田美帆です。 INSIGHTNOWのリニューアルに伴い、3年ぶりに戻ってまいりました! これからもINSIGHTNOWの「色物」として頑張ります(笑) こちらでは、カラーマーケティングをはじめとして、女性マーケティング・ビジネスマナーについてお話したいと思います。 また、美容やアンチエイジングについても書いていくつもりです。 どうぞよろしくお願いいたします♪

フォロー フォローして山田 美帆の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。