佐野五輪エンブレムは超弩級の駄作!

2015.08.26

開発秘話

佐野五輪エンブレムは超弩級の駄作!

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

/製作者の資質の瑕疵や、プロセスの不明朗さはさて置き、この「作品」は、1:中心にあって全体の三分の一をも埋め尽くす黒ブロックの閉塞下降感、2:ナチス・フラッグを想起させる陰鬱で特殊な色遣い、3:異物として動きを止めている右上の梅干と進出色の右下銀パーツという構成の失敗、4:Tもどきモティーフに精神的根拠が無い、という四点などからして、国際的な場での使用に耐えない。選び直しが当然だ。/

 もういいかげん、観念したらどうだ? 潔く自ら身を引いて丸く収めてくれるものと期待していたのだが、あまりに往生際が悪く、すっかり呆れ飽きた。なぜ「ゴキブリンピック」の「ゴキブレム」がプロのデザイナーの「作品」として落第点の失敗作であり、国際的な場での使用に耐えないのか。仕方ないから、その「作品」そのもののみに即して(製作者の資格と品位の瑕疵や、製作や選出、修正のプロセスの不明朗さは、いまはさて置いて)、以下に、はっきりと説明し、引導を渡すことによう。



1.形態の問題:パーツの寄せ集め


 このロゴのメインは、中央にあって天地(図形の上下の限界)に付き、ロゴ全体の面積の幅三分の一をも埋め尽くす黒い縦長の方形である。ほぼ世界共通の通行禁止の交通標識などと同様、中心を塞ぐ棒(縦でも横でも斜めでも)は、閉塞封鎖、を直感させる。また、縦横が等寸の正方形ならともかく、その辺の長さが異なるとき、人間の心は、短辺より長辺に方向性を感じる。この場合、一般に、白(青)=上昇、黒(赤)は下降を意味する。この色の方向性は、株式市場などでも世界共通の「ローソク足」としておなじみだろう。つまり、この塗りつぶしのメインパーツの形だけでも、閉塞下降感があって、祝祭にふさわしくない、と人々が感じるのは当然。


 つぎに、この全体が幾何学図形のみで出来ていること。手描きの自由曲線が生命力や躍動感、人間味を感じさせるのとは対照的に、幾何学図形は、無機質、無生物のもので、通常は静寂が求められる特別な神域などで用いられる。企業ロゴでも、かつては再現が手作業だったため、三菱マークのように、確実に同一になるよう、幾何学的な図形が使われ、大阪万博のころ、このスタイルがそこら中を埋め尽くしたが、今日は、むしろ複製模倣が容易ではない(真贋のチェックができる)唯一無二の自由曲線(複雑な計算に基づいて検証可能な数学的曲線)を用いたものの方が主流になりつつある。それゆえ、あのロゴを見て、古くさい、デジタル以前の70年代的、と思った一般の人々の感覚は、この事情から、これまた当然。


 左上と左下には、立方体から扇形を切り欠いた金と銀のパーツがある。デザイナー本人は、このロゴが九分割ユニット構成で、多様な部品の組み替えを想定したものであるとの説明をしていたが、このパーツがユニットとして個々に完結しているのなら、この扇形の切り欠きの中心もまた、ユニットの中に収まって、ユニットの正方形の角でなければならない。ところが、実際は、ユニットの外、ロゴの中心を扇形の孤の中心としている。このために、説明のようにユニットパーツとして組み換え、別の場所に置くと、孤はロゴの外を、その中心として指し示してしまう。それゆえ、この九分割ユニットとその展開は、話としてもデザインとしても無理と矛盾がある。この孤の中心がロゴの中心にある限り、この2つのパーツは、このロゴの四隅以外に配置することは不可能である。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。