​弁護士事務所のマーケティングと営業活動の方法

画像: Ryota Nakanishi

2015.04.06

営業・マーケティング

​弁護士事務所のマーケティングと営業活動の方法

小笠原 昭治
インターアクティブ・マーケティング 代表

増える弁護士、減り続ける仕事、限られたパイの奪い合い。 仕事を獲得できる弁護士だけが生き残る競争時代の到来。 弁護士であり続けるためのマーケティングと営業の方法とは?

プロローグ

弁護士にマーケティングや営業が必要な理由

  • 1995年に15,000人台だった弁護士が、2011年には2倍の30,000人を突破
  • その翌々2013年には33,000人台となり、年間1,000人以上も増加中
  • その一方で、訴訟件数は減少の一途
  • 04年は574万件だった新受が、わずか4年後の08年は20%(!)減の443万件
  • その3年後の11年には、さらに40万件(!)も減り、405万件
  • 人口そのものも、少子高齢化で、2005年をピークに減少中
  • 企業数も、86年の535万をピークに、-150万(!)の385万まで減少
  • 今後も、依頼人(個人と法人)が減り続けること必定

これこの通り、司法統計によると、仕事は20%以上も減っているのに、弁護士は、2倍以上も増えています。

(これらのデータ -市場の動き- を知ること自体が既にマーケティング)

しかも、弁護士には定年がありませんから、高齢化で、お歳を召したベテラン弁護士が、既存客を抱えたまま、増えていきます。別な意味での少子高齢化

  • 少子(顧客の母数になる人口が減少中)と、
  • (弁護士の)高齢化

です。

  • 増える弁護士
  • 減り続ける仕事
  • 限られたパイの奪い合い
  • 仕事を獲得できる弁護士だけが生き残る

競争時代が到来しました。弁護士の仕事が、法律相談や、法廷闘争の弁護人なのは、

依頼が舞い込む弁護士の話

で、仕事がなければ、弁護士活動よりも先に

仕事を取ることが仕事

になります。ぶっちゃけ、営業活動です。

「え!営業マンになるために、弁護士になったんじゃない!」

と思われるかもしれませんが、弁護士といえども、

役務の報酬として受け取った代金の中から給料が出る

普通のビジネス(仕事)と同じ。つまり、弁護活動よりも、先ず

仕事(依頼)ありき

であることはお分かりになるでしょう。

「いーや!弁護士事務所を開けば、黙っていても、依頼が入ってくる」

と信じて待ち続ける弁護士の先生は、収入より支出が上回り、いずれ廃業か、借金まみれ。

仕事がなくて倒産、廃業(転職)するのは、どんな職業も一緒です(公務員など一部の例外を除く)

何の職業にも通じますが、資格や、プライドだけじゃ、もう、メシ食えません、仕事があってメシを食えるのは、すべての職業に通じます。では、

先生は、営業の方法を、ご存知ですか?

YES!知っているよ

NO!知らないな

もしかして、判例や六法は、夜の目も寝ずに、一生懸命、勉強してきたけれど、売り方や、商品づくりの勉強は、丸っきり、してこなかったんじゃありませんか?

PR

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

小笠原 昭治

インターアクティブ・マーケティング 代表

マーケティング・ストラテジスト 経営戦略家(長期接触営業戦略/相対的顧客戦略/付加価値商品戦略)

フォロー フォローして小笠原 昭治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。