デマだと言い散らすテレビは共犯者

2015.03.01

IT・WEB

デマだと言い散らすテレビは共犯者

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

/たしかに、ネットは、デマやウソも多い。だが、ネット上では、だれかがかってにデマだ、ウソだと決めつけ、情報を押しつぶし、真実を闇に葬ることもできない。今回にしても、もしもネットで情報が出回らなかったなら、はたして本当に犯人は逮捕されたのだろうか。/

 ネットでデマが拡散されている、などと、ワイドショーが言い散らしてきた。そのうえ、コメンテーターたちまで、学校の対応が、うんぬんと、矛先を逸らした。だが、それらこそが、まったくのデマだった。

 今回の事件の場合、早い時点から、被害者に対する度を超した主犯の暴行については、被害者やその友人たちが警察に話を入れていた。ところが、その後の警察の対応が不十分だったせいで、警察にチクリやがった、と逆恨みされ、被害者の友人が半殺し。そして、その直後に、被害者が殺された。これは、ストーカー事件などでも、何度も見てきた悪化パターンだ。

 なぜ犯人の写真や実名がネット拡散されたのか。それは、警察やマスコミが、まったく信用できない、かえって危ない、だれかがもみ消そうとしている、と、被害者の友人たち、学校や父母たちが、早い時点で気づいたからだ。警察任せ、マスコミ任せでは、ヘタをすると、自分たち、自分の子供たちまで事件に巻き込まれてしまう、と、強い危機感を持ったからだ。

 これだけ状況証拠が揃っていながら、一週間も野放し。それは、たんに犯人が「少年」だったからだけではあるまい。殺人事件に至る前の通報に対する対応の不始末についての警察内部の調査と調整が必要だったからだろう。先の通報において、すでに犯人の予想はついていたのだから、被害者の友人が半殺しにされた時点で、ただちに関連する連中をまとめてとりあえず緊急に手配、拘留しておけば、被害者まで殺されることは防げたはずだ。にもかかわらず、初動が遅れたのは、まさに警察自身にも後ろめたいところがあったからではないか。

 なぜ最初に、そして、その後も、警察の腰が引け続けたか、と言えば、すでにネットでは話に出ているように、この事件が、在日の問題と深く関与しているからだろう。警察からすれば、あのあたりは「日本」じゃない、連中の問題は連中の中でやってくれ、妙な人権派の弁護士や運動家とやりあうのは面倒だ、というのが、本音だったのではないか。

 おまけに、テレビだ。少年の「人権」を守る、かのような建前で、デマだ、ウソだ、と連呼したが、なぜ、そんな余計なこと、邪悪なことに熱心だったのか。わからない、というのなら、それはそれで見識とも取れるが、真実の情報に対して、真実を知りながら、デマだ、ウソだ、というのは、あえて真実を歪曲隠蔽するもので、事実上の「共犯者」ではないか。ジャーナリズムの根幹に関わる職業倫理の欠如、と言わなければならない。そして、そのような歪曲の背景に、テレビ業界、とくに報道部局の奥深くにまで入り込んでしまっている在日問題との絡みがあるなら、もはや救いがたい。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。