プレゼンは高橋メソッドで!

2015.02.22

IT・WEB

プレゼンは高橋メソッドで!

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

/高橋メソッドとは、スクリーンを白黒デカ文字のティーザー看板にしか使わない、やけっぱちの安直プレゼン手法。しかし、それは、昨今のパワポ依存、やっただけプレゼンに対するアンチテーゼだ。/

 来年度の講義は、高橋メソッドでやろうか、などと考えている。「高橋メソッド」と言うと、油彩工芸品制作でも有名なのがあるのだが、それじゃない。プレゼンの手法。これ、「メソッド」なんて言っているが、冗談半分のやけっぱちだ。それが何かを知りたければ、アンサイクロペディアの当該記事、ないし、本人の案内を見てみるといい。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8...
http://www.rubycolor.org/takahashi/takahashi/img0....

 もともとパワポが無くて、高橋氏が、急遽、HTMLでがさつなプレゼン資料を安直にでっちあげた、ところが、やってみたら意外に評判がよかった、という、しろもの。さらに元をたどれば、映画館のトレーラー(予告編)なんかも、昔からみんなこれ。「特報!」「あの感動がついに!」「衝撃の真実がいま!」「世界騒然の話題作!」「映画史上最高の金字塔!」。テレビのフリップなども、安く簡単に作れるようになって以来、ワイドショーなどで、引っぱがし付きのものが濫用される傾向にある。

 ようするに、どでかいプレゼン画面をただの看板として使う。それも、プレゼンターが主役だから、絵など論外。あくまで文字だけ。このスタイルのプレゼン資料に、たいした中身など無い、いや、あってはならないのだ。ティーザー(引っ張り)連打! スローガン炸裂! ときに一発ウケのネタ! 観客が話に喰いつきゃそれでいい。

 これは、最近のプレゼンに対する大きなアンチテーゼだろう。私も、ロータス社「フリーランス」という先駆的プレゼンソフトの時代から、いまだ近年のようなプロジェクターの設置されていない教室で、ノートパソコンの画面をOHPで取り込んで講義に使い、工夫を重ねてきた。ところが、MSofficeが出回って以来、サルでも、カニでも、やたらパワポを使いたがる。それも、ワープロで作ったプレゼン原稿、数百文字をそのまま白黒1画面に出して、全文読み上げたりするバカがいる。かと思えば、わけのわからない矢印だらけの自己満足の図解。話はどこからどこへ行っているやら。とはいえ、誰も聞いちゃいない。

 とくに日本ではそうだ。プレゼンは発表儀式。登壇した、ということだけが重要で、観客が理解したかどうか、それどころか、話を聞いたかどうかすら、プレゼンターに関心がない。まあ、プレゼンをするようなのは、コンペでもなければ、たいていちょっと偉い人。どんなにひどいプレゼンでも、観客も文句を言わない、退席もしない。それで、やつらは図に乗って、そんなひどいプレゼンがどんどん蔓延。

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。