団塊世代が日本を最終破壊する

2015.01.02

ライフ・ソーシャル

団塊世代が日本を最終破壊する

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

/団塊世代は、数の力、横の連携だけで、この40年もの長きにわたって組織や方針の決定権を強引に握り続けてきた。このために、次の世代は、その組織や方針に心情的コミットメントが無く、それを継承することは無いだろう。/

団塊世代がいくら生涯現役だとか言っても、七十を過ぎるとさすがに無理だ。それで、では、そろそろ次の世代にがんばってもらおう、などと唐突に言われても、これまた無理。これまでの団塊世代の長年の居座りのために、いまの五十代は、ずっと外野の、ただの使用人か顧客の立場に置かれたままできた。だから、経営運営の経験が無い。それ以前に、そもそも、自分の、というほど、組織や方針に愛着が無い。それも、状態が良いならともかく、いまだにバブルの後遺症で、あちこちガタだらけ。こんな自分のものでもなかったオンボロ船を、いまさら粉骨砕身して無理やり立て直そうとするより、たとえどんな安値でも、さっさと叩き売って、できるだけ早く縁を切る方を選ぶだろう。

たとえば、歌謡曲。とっくに世間の人気も無くなっているのに、団塊世代というだけで大物顔で居座っているやつたちがのさばっている。そんな古い業界に、わざわざ頭を下げて入れていただかなくても、ネットその他に新しい活躍の場は開かれている。時代劇も、同じような事情で、もはや絶滅寸前。週刊誌もそうだ。あんなもの、いまの五十代以下は、読まない。ポマードや足袋と同じ。作っている連中にしても、それで商売になるなら、まあ、それもいいか、ということで、これまで旧世代の好みに合わせて働いてきたが、べつに自分たちが心底からそんな下世話な趣味嗜好を引き継ぐ義理も無く、旧世代が死んでいく以上、商売としての将来性もなく、とっとと廃刊した方がいいんじゃないか、と考えるのが、当然の帰結としての本音。

同じようなことが、新聞やテレビでも、起こっている。いや、すでに農業、宗教、学会、文壇、スポーツ、地方、商店街、住宅地で、同じような事態が続々と起こってきている。一般企業でも、上の世代がリストラだの吸収合併だのをくりかえしてきたために、とっくに終身雇用、安定昇進は崩れ、愛社心もなにも残っていない。べつに自分のものと言えるほど、これまでその組織や方針の決定に関わってきていない。だから、もとより自分の組織や方針ではない。したがって、それを引き継ぎ守る義理も無い。

団塊世代は、全学連でやらかした失敗をまた繰り返したのだ。当時、同世代だけで横に引っ張り合い、幹部ポストを占拠した結果、だれも後から入ろうなどというバカは出てこなかった。団塊が通り過ぎた跡にはペンペン草も生えない。自分たちに都合のよい傀儡後継者など、後継者たるに足るわけがない。それで、いきなり一世代を飛び越して、むりやり息子娘の団塊ジュニア世代に世襲しよう、などとするが、そんな北朝鮮みたいな個人商店、自分の家族だけでかってにやってろよ、ということで、いよいよ中堅の心は離れ、ジュニアを支える者がだれもいなくなる。戦後を風靡してきた巨大スーパー「ダイエー」が消えて無くなるのは、この戦後的倒壊パターンの典型だろう。

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 芸術学部 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。