【地方創生のススメ】逆転の発想で“空き家”を地域資源に!

2014年7月に発表された総務省の資料によると、全国の住宅に占める空き家の割合は2013年10月時点で過去最高の13.5%にあたる819万6400戸に上ったようだ。そしてその大きな要因として人口減少や高齢化による過疎化が考えられ、実際空き家が散在する地域も多いと聞く。また空き家への放火やホームレスの居住、はたまた大麻の栽培がおこなわれたりするなど、治安面でも空き家の増加は不安視されている。

[インタビューバージョンは以下から] 地域をつなぐWEBマガジン「地方創生のススメ」 http://www.regionwire.com/

===過去最悪の空き家率===

2014年7月に発表された総務省の資料によると、全国の住宅に占める空き家の割合は2013年10月時点で過去最高の13.5%にあたる819万6400戸に上ったようだ。そしてその大きな要因として人口減少や高齢化による過疎化が考えられ、実際空き家が散在する地域も多いと聞く。また空き家への放火やホームレスの居住、はたまた大麻の栽培がおこなわれたりするなど、治安面でも空き家の増加は不安視されている。

(画像)空き家数・空き家率推移(総務省)

一方でそのような状況を打破しようと、最近は空き家をリノベーションしたり移住者に提供したりするなどの試みも各地で進められてはいるが、しかし全体像がないままに空き家単体で取り扱われることも多く、効果は限定的であるのが実情のようだ。そのようななかで筆者がプロボノとして関わっている徳島県美波町では、地域活性の全体像を描き、そして計画的に空き家をリノベーションしていく、そんな取り組みが始動した。

===空き家単体ではなく、地区全体をリノベーション!===

美波町は海・山・川に囲まれた自然豊かな地域であり、また四国八十八箇所霊場・薬王寺が鎮座するなど、古くは農業・漁業・観光などで栄えた活気あふれる地域だった。しかし近年は若年層の人口流出や高齢化などを要因に、人の往来も減少するなど町の活気は以前と比べて失われつつある。

(画像)以前の日和佐地区の様子

そこで地域活性プロデュースを展開するあわえでは、人々の往来を増やす機会をつくり、そして町の活気を取り戻すきっかけにすべく、「日和佐エリアリノベーションプロジェクト」を2014年春に始動させた。

「日和佐エリアリノベーションプロジェクト」では、重点エリア(日和佐浦)を選定するとともに、その地区のメインストリート(線)上にて計画的に遊休不動産をリノベーションしていくことで人の往来を増やし、そしてその活気を地区全体(面)へと波及させていくとしている。

===かつての交流の場だった銭湯を現代の地元交流の場へ!===

その第1弾となるのが、明治時代に建てられた銭湯「初音湯」のリノベーションだ。「初音湯」は明治42(1909)年に建てられ、1990年に閉鎖後も脱衣所や風呂場は当時のまま保存されるなど、1世紀以上にわたり同地区の住民から親しまれてきた、いわば地元住民の象徴的な存在だ。

Ads by Google

次のページ===空き家をスタートアップのオフィスへ===

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

「地方創生のススメ」編集部 (東京過疎化プロジェクト)

合同会社RegionWire

全国各地への人材の分散化・均等化を推進することによって、東京一極集中による社会構造の弊害を解消し、都会と地方、双方の社会課題の解決につなげるべく、地方創生に向けて地域の情報発信を支援する各種WEBサービスを提供しています。

フォロー フォローして「地方創生のススメ」編集部 (東京過疎化プロジェクト)の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。