アンチ・エイジングとは。その、おかしな考え方について。

2013.08.06

組織・人材

アンチ・エイジングとは。その、おかしな考え方について。

川口 雅裕
組織人事研究者 /NPO法人「老いの工学研究所」研究員/一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人

中高年やシニアが考えるべきなのは、エイジングによる価値である。(NPO法人「老いの工学研究所」のHPに掲載したコラムを転載しました。)

エイジング・ビーフが流行っている。20日以上も低温で熟成させた牛肉は、アミノ酸が豊富で旨味も香りも味わいも豊かになるそうで、それを食べさせるステーキ店や焼肉店が増えている。また、ウィスキーを樽の中に長期貯蔵するのも、ワインを熟成させるのもエイジングと呼ばれる方法だ。工業製品でも、部品や油がなじんだ状態で出荷しないと設計通りの性能が発揮できないことがあるので慣らし運転を行うが、この工程もエイジングと言うらしい。楽器の世界でエイジングというのは、本来の音色や響きが出るように弾きこむことだ。

このように使うとき、エイジングという言葉にネガティブな感じは全くない。時間の経過、慣らし運転、弾きこみによって古くはなるが、それによって価値が出る、新しいときにはなかった良さが生まれるというポジティブなニュアンスである。つまり、エイジング(aging:加齢、年をとること)はそもそも、老化・衰えを意味していない。現在、一般にはエイジングは単なる老化・衰えと捉えられ、アンチ(抵抗・反対・否定)の対象とされているが、それはあまりに一面的なのである。

人にも年を取ればとるほど価値が出てくる部分があるはずだ。例えば、若い頃に取り組んだ仕事やスポーツなどを振り返って、今ならもっとうまく出来たのに・・と思うことは誰にでもある。それは単なる後悔でなく、その頃にはなかった知恵や視点・視野を身に付けたからこそ湧き出る感情で、エイジングによって成長した証と言えるだろう。職場には、成功と失敗を積み重ね、歴史を身をもって知っており、だからどう進めるべきか、何に気をつけるべきか、その先にどんなことが起こりそうか、が見える人がいる。いわゆる年の功というものだが、これも一つのエイジングの価値である。

今どきの“アンチ・エイジング”は、そのような成熟・成長という面まで否定してしまっているようだ。もちろん、見た目の年令と肉体の年令を維持しようとするのは悪いことではない。若々しく見えたい、元気で健康でいたいという欲求は皆にある。しかし、暦の年令(実際の年令)を忘れたいかのようにアンチ・エイジングにまい進し、若々しく健康でいることだけが自慢であるような姿は、やや滑稽だ。若々しいのはいっこうに構わないが、年相応の知恵を授けて欲しいし、教養や矜持が感じられる振る舞いや言動を見せて欲しいし、年長者らしい高く広い視点でものを語ってもらいたい、というのが周囲の期待であるからだ。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

組織人事研究者 /NPO法人「老いの工学研究所」研究員/一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人

組織人事関連(マネジメント・リーダシップ・人材育成・採用)や、高齢者・高齢社会をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。