高校生のコミュニケーション能力、規範意識、社会参画の態度は?

2012.03.28

ライフ・ソーシャル

高校生のコミュニケーション能力、規範意識、社会参画の態度は?

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

文科省、高等学校教育部会、第6回で扱われた内容が、若者と「社会との関わり」について考えさせる内容でしたので、多くの皆さんにご協力をお願いしたく…ここで取り上げてみました。

文科省、高等学校教育部会第6回において

「コミュニケーション能力や規範意識、社会参画等の態度の育成について」

が取り上げられ、議論されました。

高等学校教育部会では

1.個々の生徒の学習進度・理解等に応じた学びのシステムの構築
2.社会の要請に応える人材養成機関としての機能の充実
3.個々の人格形成の場としての機能の再構築
4.科学・技術の進展や産業界との連携等による教育方法等の刷新

をテーマとして掲げており、今回は上記3に基づく議論になります。

資料である「コミュニケーション能力、規範意識、社会参画の態度等の育成について(PDF)」に様々なデータがありますので、こちらから抜粋しながら、個人的な推察、意見などを述べてみたいと思います。

◆企業が求める力について

コミュニケーション能力が8年連続の1位、以下、主体性、協調性、チャレンジ精神、誠実性、責任感、論理性、と続きます。
コミュニケーション能力をどう向上するか、ということ、ビジネスマンになってから割と頻繁に考えてきましたが(個人の成長の視点でも、他人を成長させる視点でも)、結局のところ、「想像力」と「発信力」に行きつくと思います。相手の立場を慮り、問いかける…大好きな言葉「和顔愛語 先意承問」の「先意承問」の部分に集約されています。
また、「想像力」と「発信力」は、「真摯・誠実な“気持ち”」だけではダメ。必ず、相手の期待に実際に応える「知力を伴った行動力」が必要になります。

また、この8年で、「主体性」を求める企業の割合が増えてきているのも注目です(46%→62%と徐々に上昇)。会社の中で、形式的な作法を身につけるだけではダメ(そういう人が増えてきているから、主体性が求められてきている、と読み解きましょう)、会社、そして社会にとって何が問題か、どうやれば解決できるか、を、自ら考え、行動する力が求められてきているんですね。

いずれも、Z会の通信教育を通じて涵養される力ですね(笑)。高校3年間、ずっとやり続けるで、想像力、発信力、主体性、かなり身につきますから(教材の質+通信教育のシステム、がこれを可能にします)。

◆規範意識について

「他人に迷惑をかけなければ、何をしようと個人の自由だ」について、「そう思わない」と答える人が7割近くの日本に対し、韓国は30%、アメリカは16%、イギリス・フランスは10%を切っている、と、日本の突出ぶりが目に付きます。

Ads by Google

次のページ◆家族以外の異なる世代の人々との交流について

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。