必見!被災を免れた地域のみんなを元気にするおじいちゃん。

2011.03.16

ライフ・ソーシャル

必見!被災を免れた地域のみんなを元気にするおじいちゃん。

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

犠牲者の傷ついた心に塩を塗り込むようなインタビュー。泣き顔が撮りたくて迫るカメラ。大震災の報道には、ほんと辟易する。

その中で、マスコミの取材の思惑に反したこんなステキおじいちゃんの動画がツィッター等で出回っている。ぜひご覧いただきたい。

地震発生から3日目。波にさらわれ倒壊しそうな家の3階部に身を寄せ合っていたおじいちゃんとおばあちゃんたちが自衛隊によって救助された時の映像。取材側としては、恐かったとか、泣いて出てくるとかを期待していたのだろうが・・・

この潔さは圧倒的だ。不覚にも泣けてくる。


このおじいちゃんって、かっこいい。
http://www.youtube.com/watch?v=2zeroCZSrjo&feature=player_embedded

曇りのない笑顔。
キラキラした目。
優しさと強さの同居した顔つき。
そして、「また再建しましょう!」である。

これが希望である。
有事の際の「正義」とは、こういうことだ。

福島原発の東京電力の煮え切らない受け答えにかみつくマスコミの記者達は、見習って欲しい。

東日本大震災を日本人の我欲の天罰だと言ってのけちゃう偉い人に、聞かせたい。


有事の際の「正義」とは、
何が正しいかの選択をせまることではない。
神の視点に立って日本人を断罪することが「正義」ではない。
有事の際の「正義」は、前を向くことだ。

日本一の堤防も、あっさり自然に破られた。
完璧と誇っていた原発の安全基準も、見る影もない。
いまは、誰もが経験したことのないことを経験している。
国民全てが、未知の世界に放り込まれたのだ。
そんな中で、「正義」を争っても仕方ない。埒があかない。
こういうときは、おじいちゃんの言う通り、「再建しましょう」なのである。

私は、福岡に住んでいる。被災地の悲惨さは、報道映像からしかわからない。きっと、身をもって何もわかっていない。脳天気なのかもしれない。

でも、このおじいちゃんの「また再建しましょう」に賛成である。
このおじいちゃんが生きている間に、立派に再建できたら良いと願う。東北地方が再建するために、被災を免れた我々のような地域生活者は、その支援のために、毎日をせっせと働くことだ。

九州地域が経済発展をすれば、東北の再建の手伝いができるはずだ。そうして、潤った地域経済は、数年後に、再び実り始めるであろう東北地方の農産物を、今以上に高く買うことのできる市場になるはずだ。

アスリートである為末大さんは、今回、こんなことをつぶやいている。

血の流れが止まれば人は死ぬ。
経済が止まれば国家は死ぬ。
傷口を押さえるのはプロに任せて、
自分は自分の持ち場を守る。
生活を止めない、続ける。
傷口を治せるのは、本人の治癒力しかない。
今こそ国に力を貯めておく

http://twitter.com/#!/daijapan/status/47031739767459840

我々のような被災を免れた地域の者は、義援金とか、そんなものだけじゃなくて・・・いつものように一生懸命働いて、経済力を蓄えて待つことにしよう。そうして、この有事にいっぺんに萎れてしまった地域経済の芽を再建しなくては、あのおじいちゃんの、あの力強い「また再建しましょう」には、応えられない。

PR

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。