営業ツール「ipad」は本当に役に立つのか

2010.08.07

仕事術

営業ツール「ipad」は本当に役に立つのか

片桐 かほり

日本での販売開始から2ヶ月経ちました。こなれた営業トークができない口下手な私はプレゼンテーションの場でipadを導入すべく早速購入。さてその効果はいかに・・

「聞く態勢」を導く

企業によって営業方法は様々で、なかには営業方法にも縛りがあり、「うちはこういう営業をしてもらわないと困る」的なところもあるようですが、ありがたいことに私は全く自由なので、新しいものや自分が良いと思ったものを安易に取り入れることができる環境です。

しかし自前で購入したことから「決して無駄にはしない」という意気込みがあります。

「なんや、たいして役に立たないやないの」
という結論に至るわけにはいきません。

私の場合、プレゼンテーションで活用することが非常に多いのですが、ipadの素晴らしいところは初対面の相手でもスムーズに「聞く態勢」に導いてくれるところです。

今までは大きなバッグの中からゴソゴソとパソコンを取り出し、体制を整えてからプレゼンに移っていましたが、やはり妙な「間」が生じていたのが気になっていました。
営業する側としては、相手の貴重な時間を頂いているため待たせることは失礼なので早く話を始めないと、という焦りがありますし、相手側にたって考えると、その妙な間があるが故にいかにも営業される側にあることを再認識し身構えるのではないかと思います。

実際そういったことが両方の立場で多々ありましたから。

上手い営業というのは「営業されてる感」がないものだと思います。
スムーズに流れるように進行されるのが理想ですが、その点でipadは役に立ちます。

一瞬で相手の心を掴む

コンパクトであり、コンピューターというよりはノート感覚で存在しますし画面も美しい。またデザイン面でも優れています。

普段ノート型パソコン(Windows)を使用しているのでプレゼン資料はPowerPointで作成しますが、毎回悩むのはそのデザイン性のなさです。

ネット上ではデザインテンプレートが有料で販売されていますが、欲しいと思ったものは1つもありませんでした。
だったら自分でデザインすればいいのですが、時間がないときは非常に困ります。

自分の伝えたいイメージが納得のいかないデザインによって台無しになることがあるからです。その点、keynoteのテンプレートはデザインが洗練さていて使いやすく、また画像も美しく映えます。特に私は画像をもって自分がイメージしていることを相手に伝える場合が多いので重宝しています。

これはwebも同じだと思うのですが、ページを開いた一瞬で相手の心を掴むことが大事です。
面白味のない見た目だと見ている人のテンションが下がりますから。

PR

次のページ3つの不満点

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。