『エコブランディング』

2010.07.26

ライフ・ソーシャル

『エコブランディング』

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

今日ご紹介するのは以下の本。 『エコブランディング』(中野博著、東洋経済新報社)

今日ご紹介するのは以下の本。

『エコブランディング』(中野博著、東洋経済新報社)
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4492556680/

2010年7月1日発行の新刊です。

端的に言えば、「エコブランド」とはビジネスを通じて、様々な地球環境問題の解決に取り組むことで、人々の信頼を築き上げているブランドです。

いわゆる「エコビジネス」に対する日本の意識は、欧米に比較するとまだまだ低いようですが、エコビジネスを牽引する「環境・エネルギー革命」は、「IT革命」を凌ぐインパクトを持っています。

なぜなら、IT革命の恩恵を直接受ける人は、先進国・新興国の一部にまだまだ限定されています。

しかし、地球環境問題は、世界のあらゆる人々に関わりのある事項です。

ですから、著者の中野氏は、“エコビジネスとは、この地球上に住む全員がお客様であるということです”と述べています。

それだけ、ビジネスとしても魅力的であるということですね。

ただし、単なる「金儲けの機会」と考えるべきではありません。

「環境マーケティング」という言葉があります。

これは、エコビジネスにおけるマーケティングのことです。

環境マーケティングの基本視点は、「生活者の満足やニーズを満たしつつ、企業のビジネスを成立させ、なおかつ環境保全をも実現する」という高度なものであり、「買い手よし、売り手よし、社会よし」という近江商人の「三方よし」の精神とも言えると中野氏は指摘しています。

環境マーケティングは、これからの企業が顧客に受け入れられ、社会の一員として存続していくために、不可欠な取り組みなのです。

そして、エコブランディングとは、「エコ」(=地球環境問題の解決)を軸とする経営戦略を練り、持続的なブランド力を築き上げることです。

本書では、エコブランディングを創業当初から実践しているアウトドア用品&アパレルメーカーの「パタゴニア」をはじめとする、様々な企業・製品の成功事例の紹介と共に、エコブランド作りの現状分析、およびブランド作りの実践方法が具体的に解説されています。

「エコ」をメインテーマとするブランド本としては実質初めての本です。一読の価値があります。

PR

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。