増え続けるドクモの上手な活用法

2010.06.04

営業・マーケティング

増え続けるドクモの上手な活用法

山田 美帆
カラーコンサルタントRosa 代表

最近、雑誌やネットなどで、「読者モデル」という言葉を目にする機会も多いと思います。 増え続ける読者モデル・・・今回はそのメリットについてお話したいと思います。

皆様こんにちは。
カラーコンサルタントRosaの山田美帆です。

皆様は、最近流行の「ドクモ」という言葉を耳にしたことがありますか?
間違っても、毒蜘蛛の仲間ではないですよ(笑)

実はドクモとは「読者モデル」の省略形で、雑誌やネットのサイトなどで、一般人(読者)から募集して選ばれたモデルたちのことです。
中にはプロのモデルたちと同様に、誌面でモデル業をこなす人もいます。

読者モデルを使うほうのメリットとしては、
1.プロのモデルよりもギャラが安い、もしくは無料の時もある。
2.素人モデルなので、読者に親近感を与える。
3.数が多いので、必要な時にすぐ仕事をしてもらえる。

読者モデルをするほうのメリットとしては、
1.モデルだと敷居が高いが、読者モデルだと容易になりやすい。
2.周りから一目置かれて、特別感を味わえる。
3.モデルや女優など、タレントになれるチャンスが開ける。

など、両者ともに様々なメリットがあり、それが理由でドクモの数が増えているそうです。

そういうドクモ達は、発信することが大好きなので、ほとんどの人がブログを持っています。
企業側もそういうドクモ達に、自社製品を試してもらい、その感想をブログに書いてもらおうと必死です。
なぜなら彼女達は、オピニオンリーダーとして、世間に与える影響が大きいからです。

また、ドクモ達は色々な雑誌やイベントなどにも参加することが多いので、ブログ以外にも、発信する機会はたくさんあります。
しかも、一般人と大差ないので、「私も頑張ればあれくらいになれる!」という希望も与えるのです。

最近は、新製品の記者発表会にドクモを呼ぶ企業が増えています。
先に書いたように、宣伝効果があるのはもちろん、華やかさも持ち合わせているからです。
そのため記者発表会では前のほうに座らせたり、ステージに挙げてモデルになってもらうことも多いのです。

昔からモデルの命は短いとされていますが、いまだに多くのドクモ達が20代であるのは事実。
ところが最近は、アラフォーが流行したおかげで、30代・40代のドクモも、少しずつですが脚光を浴びています。
(実は私もアラフォードクモなのですが・・・笑)

マーケティングの世界でも、F1層(20~34歳の女性)が、流行を作り出して行き、消費の中心的役割を果たしていると言われてますが、実はF2層(35歳~49歳)こそが注目すべきだと主張する方も増えているようです。

なぜなら、F2層は家族を持っている人が多いので、自分はもちろん、夫や子供に対しても大きな影響を持っているからです。
つまり大きな市場規模があるのです。

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

山田 美帆

カラーコンサルタントRosa 代表

Ciao!カラーコンサルタントRosa代表の山田美帆です。 INSIGHTNOWのリニューアルに伴い、3年ぶりに戻ってまいりました! これからもINSIGHTNOWの「色物」として頑張ります(笑) こちらでは、カラーマーケティングをはじめとして、女性マーケティング・ビジネスマナーについてお話したいと思います。 また、美容やアンチエイジングについても書いていくつもりです。 どうぞよろしくお願いいたします♪

フォロー フォローして山田 美帆の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。