超人気『町工場芸人』が『新党たちあがれ日本』にダメだし!

2010.04.10

ライフ・ソーシャル

超人気『町工場芸人』が『新党たちあがれ日本』にダメだし!

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

先日、夜遅く帰宅すると・・・中学3年生の娘と妻が仲良くテレビに首ったけ。何を見ているかと言えば、バラエティ番組「アメトーク」の最近の名物企画『町工場芸人』だった。 この面白さって何だろう?そこには、バラエティ番組の枠を越えた何かがある。

テレビ離れ、クルマ離れ、読書離れ、酒離れ、新聞離れ、タバコ離れ、旅行離れ、活字離れ、理系離れ、プロ野球離れ、恋愛離れ、雑誌離れ、CD離れ、映画離れ、ゲーセン離れ、パチンコ離れ、腕時計離れ、スポーツ離れ、献血離れ、セックス離れ、日本酒離れ、寿司にわさび、おでんにからし離れ・・・若者の○○離れのニュースは、資本主義のヒエラルキーに毒されたおっさん達の「昔は良かった」が下敷きになっている。若者達の現場を肯定することもせずに、楽な否定論を繰り出す。その一方的な○○離れの議論は、不毛である。

そんな不毛なニュースの一方で、この『町工場芸人』は、生まれた。町工場に勤めていた経験のある芸人達が主役のバラエティ番組なのだが、見ようによっては、良質なドキュメンタリーであり、NHK顔負けの教育番組にもなっている。近頃の若者は・・・なんて、ステロタイプに嘆くおっさん達は、ぜひ視聴をお薦めする。

『町工場芸人』は、アメトークの芸人持ち込みプレゼン大会にてU字工事の2人がプレゼンして採用された企画。出演者はU字工事、中川家・剛、ロッチ・中岡、ピース・綾部、モンスターエンジン・西森、Wコロン・ねづっちの面々・・・。芸人として食えるようになるまで働いていた町工場で何を担当していた、どんな工場で働いていたかを、おもしろおかしく紹介するという地味な内容であるのだが、登場するすべての芸人が面白い。アメトークのシリーズの中でも、ここまで全員が面白いというのは希有である。

U字工事の2人は、マグネシウム製品の研磨・バリ取りを。
ロッチ・中岡は、車のエンジンを掛ける為のリングギアを。
モンスターエンジンの西森は、リテーナープレートの製造を。
ピースの綾部は、椅子工場でスタッキングチェアーなどのガタを取る作業を・・・。
専門用語で良くわからないのだが、それを伝える姿は、喜々としている。手作業へのこだわりやプライドが、そこからは伝わる。その他にも、昼休みの外国人労働者とのキャッチボールの話や正午になったら食堂にダッシュする話などなど、ペーソス溢れる現場が再現される。

きっと『町工場芸人』の視聴者は、「町工場」の現場に輝くものを見つけ出しているはずだし、「汚い、きつい」という先入観も変容させているはずだ。
現場仕事と若者の距離感を、○○離れと揶揄するのではなく、その間を「芸人達」が喜々として埋めている。希望的観測ではあるけれど、「町工場」への就職希望者が、少しは増加するのではないかと思う。若者達に「仕事とは何か」を考える切っ掛けを与えているのは間違いない。

PR

次のページ『生き方として器用に立ちまわれない人たちが、その手先か...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。