セミナーの「鬼門」、質疑応答を乗り切るテクニック

2010.04.02

組織・人材

セミナーの「鬼門」、質疑応答を乗り切るテクニック

木田 知廣
シンメトリー・ジャパン株式会社 代表

セミナーや説明会など、人前で話す時の質疑応答って難しいですよね? 知らないことを聞かれて「ウッ」とつまったり、けっこう困る「何を聞いているか分からない」人など、「鬼門」とも言える質疑応答を乗り切るテクニックとは…   -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

上級編に行く前に、まずは質疑応答の基本を押さえちゃいましょう。

ARSA(アーサー)法と言いますが、

 Acknowledge (質問をしてくれたことにお礼)
 Repeat (相手の質問をオウム返しにくり返す)
 Spread (話を会場全体に振る)
 Answer (回答する)

と言う順序になります。

ポイントは「S」のところで、たとえ質問者は一人だとしても、参加者全員が同じ疑問を持っているとの前提で、会場に話を振ってから答えてあげると全体の満足度が高まります。

その際に頭の中に焼き付けるイメージはアーサー王と円卓の騎士(だからARSA法)。誰かから出た質問を12人いる騎士全体に答えるつもりで回答しましょう。

トークスクリプトにするとこんな感じ。

 A: 「ご質問、ありがとうございます」

 R: 「○○という内容を聞きたいと言うことですが…」

 S: 「皆さんはどう考えますか?」

 A: 「実はこの場合、私の観点からは△△がポイントになります」

「S」で話を振るところ、ぜひやってみてください…

というのは知っている人が多いと思いますが、さあ、ここからが上級編。ファシリテーターと呼ばれる人が上手に使っているのが実は「R」。Repeatで、相手の質問をくり返すところが大事なのです。

ここで実は、相手の質問を多少言い換えて(パラフレーズして)、自分が答えやすい方向に持っていっちゃうんです。

たとえば、先日のビジネス・ファシリテーター講座体験版でのやりとりを再現してみましょう。

 質問者:「いろんなテクニックは分かったんですが、結局
      慣れるためには『場数』を踏むしかないんですかね?」

これ実は難易度の高い質問。

というのは、ダイレクトに答えるとすれば、「場数を踏むしかありません」というものだから。

でも、それを言っちゃうと、「じゃあ、この3時間の勉強会ってなんだったの?」となってしまって、参加者の満足度はサゲサゲ(↓↓)。当然、学習効果も上がりません。

なので、こんな風に「逃げ」を打ちました。

 私:「ご質問ありがとうございます。『場数』の重要性に関して
    ですよね。もちろん場数は重要ですが、ただ、頭の中で
    シミュレーションするのも『場数』に含められるんです
    よね。

    皆さん、こんな経験ないですか?人間の脳は本当に
    あったことと頭の中の仮想の出来事の見分けがつかなく
    て…(後略)」

分かります?

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

木田 知廣

木田 知廣

シンメトリー・ジャパン株式会社 代表

経営大学院立ち上げという類まれなる経験をした「人材育成のプロ」

フォロー フォローして木田 知廣の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。