肉食系女子の進化型「クーガー女」から学ぶこと

2010.03.24

営業・マーケティング

肉食系女子の進化型「クーガー女」から学ぶこと

山田 美帆
カラーコンサルタントRosa 代表

近年、よく耳にする「草食系男子」という言葉。ほどなく、その真逆の「肉食系女子」が現れて、今度はそれを超越した「クーガー女」も現れました。それぞれについてどのように考えるかは皆さま次第ですが、ビジネスパーソンの方々ならば「クーガー女」のライフスタイルから学べることも沢山ありそうです。

皆さまこんにちは。
カラーコンサルタントRosaの山田美帆です。

「草食系男子」という言葉、
皆さまも一度は耳にしたことがあるかも知れません。

「協調性が高い」「優しい」などの性格を持ちながら、
最大の特徴は「恋愛に対して消極的である」
人たちのことを表すようです。

彼らによれば、
「ひとりの時間が充実しているので、恋愛は面倒くさい」
「ふられるのが怖い」「ガツガツするのが嫌」などの理由で、
恋愛に対してあまりプラスのイメージが持てないそうです。

一方、逆に恋愛に強気にがっついていく女性のことを
「肉食系女子」と言います。
私のまわりにも、何人かいますが、
彼女らはとにかく行動力が素晴らしい!
独身男性を発見するや否や、
「私は早く子供を産みたいからすぐにでも結婚したいんです!」
と積極的アプローチを繰り広げてます。
男性が引こうが怯もうが、とにかく有無もなしに、
自分の意見を主張していき、いつの間にか男性のメルアドを手に入れているのです。

そういった肉食系女子の中に、
新たにそれを超越した『クーガー女』というものが現れたそうです。

クーガーとは、ピューマに代表されるネコ科の小型肉食獣のことで、
ライオンよりは大人しいが、猫よりも攻撃的なイメージがある動物です。
もともとアメリカで流行った言葉ですが、
最近では日本版クーガーもいるとか!?

月刊宝島によれば、
日本版クーガーは、年齢はアラフォーぐらい、
六本木や麻布などのクラブに出没し、
スタイルが良くやたら露出が高い服をこのんで、実家も金持ちで、
自分もそこそこの収入を持っている女性たちのことだそうです。

爪やケータイを、恐ろしいくらいにキラキラにデコり、
「男を拾った」と表現し、性欲がとんでもなく強く、
年下の草食男子をターゲットに逆ナンパをしているらしいのです。

女性の社会進出が進むにつれ、多くのストレスを抱えているため、
パートナーに「優しさ」や「癒し」を求めている人も少なくはありません。
しかも経済的に自立した女性も多いので、
「私が養ってあげる」とばかりに、
とにかくおとなしくて素直な草食男子はターゲットになります。

アメリカではそういうクーガー女をターゲットにしたビジネスを
「クーガービジネス」と呼ぶそうです。

というのも、彼女たちは、おしゃれや美容に関しては、
お金に糸目をつけないので、ばんばんお金を落としてくれるそうです。
アメリカ人の33%は貯蓄の10%を使っても、
10歳若返りたいと思ってるほどだそうです。

PR

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

山田 美帆

カラーコンサルタントRosa 代表

Ciao!カラーコンサルタントRosa代表の山田美帆です。 INSIGHTNOWのリニューアルに伴い、3年ぶりに戻ってまいりました! これからもINSIGHTNOWの「色物」として頑張ります(笑) こちらでは、カラーマーケティングをはじめとして、女性マーケティング・ビジネスマナーについてお話したいと思います。 また、美容やアンチエイジングについても書いていくつもりです。 どうぞよろしくお願いいたします♪

フォロー フォローして山田 美帆の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。