URLとURIは何が違うの? どちらが正しい呼び方?

2010.03.24

IT・WEB

URLとURIは何が違うの? どちらが正しい呼び方?

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、ノウハウというよりは、豆知識を。「URL」という呼び方と「URI」という呼び方がありますが、どう違うのか、あなたはご存じですか? Webページのアドレスを指す場合は、どちらを使うべきなのでしょうか。

URLとURIは何が違うのか

結論から言うと、URIとURLは同じものではありません。「URI」のほうが広い概念で、「URL」はURIの部分集合です。同様の仕組みに「URN」というものがあります。

その3つを別のものにたとえてわかりやすくいうと、

寿司(URI)
├にぎり寿司(URL)
└ちらし寿司(URN)

のような関係です。つまり、URIというものを細かく分類すると、URLとURNに分けられるのです。

それぞれをわかりやすく示すと、次のとおりです。

URL(Uniform Resource Locator):
 場所を示す書き方のルール。
 ページや画像などを取得したりするための主要な場所とアクセス方法を指定。
 例:(Web担トップページの場所とアクセス方法)
    http://web-tan.forum.impressrd.jp/

URN(Uniform Resource Name):
 名前を永続的に識別する書き方のルール。
 これ単体ではアクセスできない場合もある。
 例:(Web担のムックの最新刊)
   urn:isbn:4844327968

URI(Uniform Resource Identifier):
 名前または場所を識別する書き方のルールの総称(親玉)
 URLやURNは、URIで定められたルールに従って書かれたり使われたりする。

ほかにも「URC(Uniform Resource Characteristics」というものも提案されていました。寿司の例でたとえるなら巻き寿司というところでしょうか。

WebページのアドレスはURL? URI?

ということで、Webページのアドレスのことは「URI」と呼んでも「URL」と呼んでもかまいません。ハマチ握りや中トロ握りを「にぎり寿司」と呼んでも「寿司」と呼んでもいいのと同じですね。

細かいことを言うと「http:」というパーツはURLとして定められているわけではなく、URIとしての識別子(スキーム)なので、技術仕様などではURIと呼ぶことが多いようです。

とはいえ、一般的にWebページのアドレスをいう場合には、アクセスしてもらうために示しているのですから、「URL」と呼ぶのが適切でしょう。

URLを解剖してみる

せっかくですから、URIを構成するパーツを理解しておきましょう。

たとえば次のURIから何が読み取れるでしょうか。

http://yasuda:pass@www.example.com:8080/news/index.htm?page=2&msg=yes#hot

Ads by Google

次のページhttps:

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。