TwitterはGoogleを超える次世代検索システムなのか?

2010.01.25

経営・マネジメント

TwitterはGoogleを超える次世代検索システムなのか?

伊藤 達夫
THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

Twitterが週刊ダイヤモンドで特集されていました。私も去年の9月に始めて、面白いなあ、と思いましたが、これはすごい可能性を秘めていると思い始めています。これはGoogleを越える次世代検索システムなのでは?と思い始めています。

 Twitterが次世代検索システムと言われても、よくわからないと思いますので、順に説明します。

 Twitterはいろいろなクライアントがあります。クライアントというのは、Twitterを使うためのインターフェースのようなものと思って下さい。HootSuite、Tween、TweetDeck。標準のクライアントもありますね。

 使うクライアントによって、見え方はだいぶ違います。ただ、何を使っても変わらないこともあります。そこをメインに説明します。

 自分でTweet、つぶやきをして、Followした人のTweet、つぶやきを見て。自分のTweetはFollowされた人からいろいろ突っ込まれたりします。

 自分のTweetは下へ下へと流されて行きます。この下へ流れる仕組みをタイムライン、略してTLと言います。

 Follow数が多いと、すごいスピードでTLが流れて行きます。

 少ないと、TLの流れはゆっくりです。

 あんまりゆっくりだと、次世代検索システム的ではないと思います。ダイヤモンドのインタビューでホリエモンが言っているように、フィルタリング的ではあります。

 ある程度早くTLが流れる時、これは次世代検索システムなのではないかな、と思うのです。

 なぜでしょうか?

 ここでGoogleの検索窓を思い出してみましょう。

 Googleの検索窓はすごいですね。検索キーワードを入れれば、大量のデータのインデックスを引っ張ってきてくれるのです。

 もはや、最初の画面はGoogleか、それともヤフーか。検索窓がついていますよね。

 ただ、私は検索窓を前にしてせつなくなったことがあります。

 え?そんなことあります?と思いますでしょうか?

 ありません?せつなくなったこと。

 これも順に説明しましょう。

 何か、検索キーワードを入れるには、意思が必要です。検索したい!こういう言葉を調べたい!という意思が必要です。

 かつ、キーワードにならなくてはいけません。単語単位でないといけない。

 何か悩みがある。でも、検索ではどうにもならない。ということはありませんか?

 そんな時、思ったのです。「せつねーな」と。

 あと、何も意思がない時。特に検索したくもない時。なんかないかな?ぐらいの時。検索窓を前にして、止まってしまったことないですか?

 私は検索窓の前で固まっていたことが何度もあります。あれ、俺はこのGoogleのページの前で、何をぼーっとしているんだろう。真っ白な中に検索しかないページで。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

伊藤 達夫

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役

THOUGHT&INSIGHT株式会社、代表取締役。認定エグゼクティブコーチ。東京大学文学部卒。コンサルティング会社、専門商社、大学教員などを経て現職。

フォロー フォローして伊藤 達夫の新着記事を受け取る

今日の編集部

今週もよろしくお願いします*\(^o^)/*

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。