「無責任」考

2007.09.16

ライフ・ソーシャル

「無責任」考

寺西 隆行
(株)Z会 教室事業部特命職

「無責任」と揶揄される安倍首相。 でも、誰もが「無責任」と思えるこの時期に辞めるのは、きっと理由があるはずだー そのような見方をすることが大事ではないでしょうか。

教育に携わる人間としては、苅谷剛彦東大教育学部教授の本は必読です。
教育について語る本が多いのですが、10代の皆さんにも、若手社会人の方にも、これから監督職になろうとする人にも、ものの見方や考え方を養う意味で読んでほしい本が『知的複眼思考法』です。

この本で書かれていることを簡単に述べれば、

「常識に囚われた思考をしてはいけない。自分自身の視点を持て」

ということに尽きます。

苅谷教授の述べる「知的複眼思考法」の格好の題材が最近発生しました。
安倍首相の辞任です。

・なぜこの時期に…
・きっと健康が悪かったんでしょう。
・答弁する自信がなくなったんだ!

…などなど、様々な声が、新聞やTVで報道されています。
一番多いのは、きっと

・無責任だ!

という声になるでしょう。

でも、「ふぅ」と一回深呼吸し、瞬間的に湧く感情を押し殺した上で、この事実を見てほしいんです。

「無責任」との声が確実に挙がるこの時期に、あなたが安倍首相だったら辞めるでしょうか?

僕はまず辞めません。
もし僕が「責任逃れ」をしたいのなら、「責任をとって辞めます」と話して、選挙の直後に辞めます。
自民大敗の責任をとっているように見せかけて、「大敗したからはいバイバイ」と、都合の良い(支持率低下の)責任逃れができる、これほど格好の時期はありませんから。

大敗してもあえてやる、そして中途半端な時期に辞める。
そこには必ず理由があるはずです。

彼が守ろうとした責任は、彼しかわかりません。
その責任と言うのも、国民への責任か、それとも自民党に対する責任かもわかりません。
「民主党に政権をわたさないために、すべての責任を“安倍首相”に自ら押し付け、“自民党”が悪いわけではない、というイメージ作りをすることで、自民党に対する責任をとったのではないか…」
そんな邪推も沸いてきます。

いずれにせよ、今後続く茨の道に対する、単なる責任の放擲で辞めたわけじゃあないでしょう。
こういう見方をするのが、苅谷教授の考える「知的複眼思考法」です。

もう一つ考えたいこと、考えてほしいことがあります。

結果として政治の空白期間をいきなり生んでしまった「無責任な事実」があることは確かです。
この「無責任な事実」に対する責任は、誰が負っているのでしょうか?

決まっています。安倍総裁を選んだ人です。

総裁として選んだのは?
自民党ですよね。
自民党員の皆さんはどれくらい責任感を感じているでしょうか?

その自民党を選んだのは誰?
国民ですよね。

PR

次のページ自民党議員や自民党に投票した人、ましてや選ぶ権利を捨て...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

寺西 隆行

寺西 隆行

(株)Z会 教室事業部特命職

幼児から大学生・若手社会人の教育に携わる(株)Z会にて、教室部門にて様々な開発に奮闘中。前任ではWeb広告宣伝・広報・マーケティングなどを担当。 ※本サイト投稿記事は個人の見解です。

フォロー フォローして寺西 隆行の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。