失敗学(1): 彼らはみんな馬鹿だったのか?

2007.04.04

経営・マネジメント

失敗学(1): 彼らはみんな馬鹿だったのか?

橋口 寛

ダートマス大学経営大学院の新進気鋭のシドニー・フィンケルシュタイン教授。 数々の企業の失敗事例を研究する教授の頭に、ある日、シンプルな疑問が浮かんだ。 「Why Smart Executives Fail?」 (優秀な経営者達が、なぜ失敗するのか?) この疑問が、その後7年間にわたって続く長い研究を生み出すことになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「この経営者は、なぜこんなひどい失敗をしたんだろう?誰か意見はあるかい?」

教授が質問をすると、
教室を埋めた約60人ほどの手が一斉に上がりました。

クラス内でどれだけ効果的な発言をしたかが、
「クラス・パーティシペーション」
として問われるビジネススクール。

教授の問いかけに対して手を上げないということは、
「自分をLP(Low Pass)にしてください」
と言っているようなものです。

誰もが我先にと手を上げて、教授に発言機会を求めてアピールするこの光景は、いつもの見慣れたものでした。

やがて、教授に当てられた学生が、周囲の学生の落胆を背に、理路整然と自らの主張を展開し始めました。
「この経営者の意思決定における問題は、三つあると思います。
まず一つ目・・・」

元戦略コンサルタントのMBA学生らしい、立て板に水の説明です。
ピラミッド構造に基づき、ロジカルに経営者の問題点を指摘していきます。

しかし、教授は、彼の説明を聞きながら、どこか違和感を覚えていました。

さまざまな言葉を弄してはいましたが、結局この学生が言わんとすることは、突き詰めて言えば
「このCEOは、経営者としての能力に欠けていた」
という一点に尽きます。

しかし、問題は本当にそんな単純なことなのでしょうか。
大失敗するマネージャー達は、皆揃いも揃って経営者としての資質に欠けていたのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・

米国北東部、カナダとの国境に近い、ニューハンプシャー州ハノーバー。
ダートマス大学の経営大学院タックスクールは、人口数千人のこの小さな町に存在します。

世界で最初の経営大学院であるタックスクールは、世界中のビジネススクールのモデルとなったいくつかの学校のうちのひとつです。
毎年行われる、各種の「ビジネススクールランキング」では、世界トップ10の常連であり、最新の「フォーブス」誌のランキングでは1位、「エコノミスト」「ウォールストリート・ジャーナル」誌のランキングでは、いずれも2位にランクされている学校です。

教授の名は、シドニー・フィンケルシュタイン。
タックスクールで戦略論やM&A理論を教える、新進気鋭の教授です。

・・・・・・・・・・・・・

フィンケルシュタイン教授は、学生達の議論をひととおり捌き終えると、
議論のエッセンスを集約し始めました。

さまざまな視点から拡散した議論を集約させるのは、傍で見ているほど簡単なことではありません。
教授の手腕が問われるこのプロセス。フィンケルシュタイン教授の手腕は、見事なものでした。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。