世界最大規模の野菜工場が示す食の未来(1)

2009.06.30

開発秘話

世界最大規模の野菜工場が示す食の未来(1)

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

完全密閉型では世界最大級の野菜工場が、福井県美浜にある。運営するのは京都のベンチャー、株式会社フェアリーエンジェルだ。同社の活躍は政府の目にも留まり、これを機に野菜工場支援策として150億円の補正予算が組まれた。世界の食の未来を考える同社の使命感に迫る。

第1回 「世界の食料危機と日本の農業崩壊」

■世界の食料問題を解決したい

「このまま自然破壊が進んだら、一体この先、食料はどうなるんだって。そんな問題意識が起業の原点なんです」

フェアリーエンジェル社の創業社長江本氏は数年前まで、海外出張にたびたび出かけていた。宝石類の買い付けのためで、訪問先は発展途上国が多かったという。そこで見た風景、受けたショックが同社の創業につながった。

「そんな国々には、日本と比べればまだまだ自然は豊かに残っています。とはいえ、食料を作るために焼き畑農業なんかをがんがんやっている。恐ろしいほどの勢いで自然破壊が進んでいるわけです。ところが、そこまでやっても食料問題は解決せず、むしろ深刻化する一方でした」

原油暴騰、そしてリーマンショックから世界恐慌へとめまぐるしく危機が押し寄せたため忘れられがちになっているが、昨年、世界ではとても不気味な事態が起こっていた。アジアや中東、さらにはアフリカで勃発した食糧危機である。

「問題が初めに表面化したのは、確かフィリピンでの米騒動ではなかったでしょうか。エジプトでもパンの値上げをめぐって暴動が起こり死者が出たはずです。アフリカ諸国などでは、もっと前から食料不足が常態化しています。未来を担うはずの子どもたちが栄養失調でなくなっている姿を見て、これは何とかしなければならないと強く思った。この江本の危機意識が、我々の創業の直接のキッカケとなっています」

食料問題を解決するためにいま、何ができるのか。未来につながる可能性を模索する中で浮上したアイデア、それが野菜工場だ。そして2005年、フェアリーエンジェル社は京都で産声を上げる。
                                              
                                       
                                              
                                       
                                              
                                       
                                              
                                       
                                                
■日本の農業崩壊を防ぐ

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。