仮説構築の技術(3)~フェルミ推定による定量的推論

画像: Iwan Gabovitch

2015.07.22

仕事術

仮説構築の技術(3)~フェルミ推定による定量的推論

家弓 正彦
株式会社シナプス 代表取締役

前回は、将来予測の技術をお話ししました。 しかし、将来はおろか現在のことですらわからないことだらけですよね。 ということで、今回は特に定量的な推論の技術「フェルミ推定」について お話をしてみたいと思います。

皆さんは、米Google社の「Crazy Questions」って御存知ですか?
Google社の採用面接で聞かれる質問として有名なんです。

一例を挙げると、
 「一台のスクールバスにゴルフボールは何個入るか?」
 「シアトルのすべての窓ガラスを洗浄する場合、あなたはいくら請求する?」
 「全世界でピアノの調律師は何人いますか?」

わかるわけないですよね!(爆)
そもそも、なんでピアノ調律師なんだ!って思いますよね!(笑)

しかし、これはいくつかの変数にブレイクダウンして、
推論公式を立てることに意義があるんです。

この推論の立て方をフェルミ推定と呼んでいます。
フェルミ推定とは、ノーベル物理学者、原子力の父と呼ばれた
エンリコ・フェルミ氏が、自身が教鞭をとっていたシカゴ大学で、
「シカゴにピアノ調律師は何人いるか?」と出題したのが
始まりだと言われています。

これで、ピアノ調律師の謎はわかりましたか?(笑)

「問題解決プロフェッショナル/斎藤嘉則」では、
システムキッチンの事例を使っていますね。

<演習>システムキッチンの国内市場規模を推定せよ

先日のセッションでは、制限時間を3分と設けました。
「そりゃムリだよ!」と言わずにチャレンジしてみてください。
想像以上に、なんらかの解にたどり着いた方がいらっしゃいましたよ。

コツは、一段階ずつ公式をブレイクダウンしていくんです。
(以下は、上記分権とは関係なく家弓のオリジナルの解です)

(1)市場規模 = 年間需要量 × 平均単価

ですよね。

さらに、
(2)年間需要量 = 年間導入可能世帯数 × 購入率
(3)導入可能世帯数 = (新築+建て替え+リフォーム)×4名以上ファミリー率
(4)建て替え+リフォーム = 現総世帯世帯 ÷ 住宅耐久年数

この公式に各変数を代入すれば、解はもとめられるはず、、、
ま、この変数を決めるのも一苦労なんですが、、、

しかし、まだ十分な推論ができるわけではありませんね。
なぜなら、購入率と言っても、地域格差が大きいかもしれません。
ここで、(2)の公式をさらに分解します。

年間需要量 = 首都圏世帯数 × 首都圏購入率
         +ローカル世帯数 × ローカル購入率

つまり、異質なセグメントはグルーピングして考えねばならなんです。

ここで、フェルミ推定のプロセスをまとめておきましょう。

■ 全体俯瞰
  まず全体像を把握します。(上記の例では、システムキッチン市場全体)

Ads by Google

次のページ「Quick & Dirty」

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

家弓 正彦

株式会社シナプス 代表取締役

マーケティング戦略を中心としたコンサルティング、マーケティングに特化した教育プログラムの提供を行っています。

フォロー フォローして家弓 正彦の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。