美容室激戦区で「割引しない」のに成功している美容室の秘訣!

2009.03.13

営業・マーケティング

美容室激戦区で「割引しない」のに成功している美容室の秘訣!

武田 舞

女性であれば必ず通っている美容室。よくある、初回割引に対するオンナゴコロの微妙な気持ち。この微妙な気持ちを理解しているかどうかで、集客はちょっと変わります。

先日、とある美容室のリニューアルのレセプションに行きました。

この不況の中、南仏リゾートの雰囲気漂う素敵なお店に変身。
特注のアイアンサッシ...こだわりのアンティーク装飾。
ここはドコ?と思わせる店内でした。
オーナーさんのセンスが光るインテリア。

そこは、都心の美容室激戦区。
ライバルも多く存在します。

しかし、このお店、決して「割引」しません。
でも、いつもお客さんで混み合っている上
この時期に、妥協無きリニューアルを果たしました。

なぜ?

たまらず、オーナーに質問。(以下 =オ)

私「なぜ 割引しないのですか?」

オ「割引がサービスとは思えない。
  初回割引って理解出来ないんだよね。
  既存のお客さんは、僕らの所に割引が無くても
  来てくれるのに、なんで見ず知らずの人に割引しないと
  いけないの?」

確かに!「初回限定割引」には二種のオンナゴコロをゆるがす仕組みがある。

A.初めてのキッカケ体験をするのには、安い方がいいと思っている一見さん。
B.割引無しでも、来店している既存客

Aにとっては「お得」Bにとっては「損した気分」

では、どちらを大切にするべきか?

やはり、Bであろう。
例えるならば、売れない時代を支えてくれた彼女を放置して
成功した自分にキャンキャン寄ってくるギャルを喜ばせていませんか?

たかが「初回割引」、されど二股はかけれないのです。

美容室は、「口コミ」が一番効果的とされております。
であれば、Bを大切にする事が大事ですよね?

来客が減り、焦ってやぶからぼうに「割引」すると
ヤケドしますよ。

「Only You(あなただけ)」が大好きなオンナゴコロをつかむには、
 細かい配慮が大切です。

ダイエット中と頑張っている女子に、こってり中華食べ放題 はNG。

ずれたサービスより、
多くの美容師からアナタを選んでくれている「理由」は必ずあります。
それは、アナタとそのお客さんしかしらないキーワードなのです。

それは、
・会話のタイミング
・ヘアスタイルの共有感
・逆に会話しない空気が平気。
・趣味が一緒。

それは、
デートの回数を重ねた、恋人同士にしか分からない
二人の絆みたいなものがきっとあるはず。(相手を理解しているという意味)

それを大切にして仕事をする事で、「割引」より勝ると思います。

そして、今回、内装にお金を沢山かけた理由は「還元」だと
オーナーは言いました。
「ずっと通ってくれた顧客に対して、
 少しでも豊かな気分を体験してもらいたい。それが僕の出来る「還元」だから」

-------- キレイゴト には聞こえませんでした。

未来への扉に向かって奔走する、若きビジネスマンへ。

あなたは何を「還元」出来ますか? そして「還元」する人はいますか?
振り返ってみて下さい。今のポジション、仕事、いろんな方に助けられて
来たのに、「感謝」の気持ちだけで終わっていませんか?

私は、この日をきっかけに 自分にデキル「還元」を考えるようになりました。

PR

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。