宅配ロッカーシェア7割、フルタイムシステム驚異的成長の秘密 1

2008.12.16

開発秘話

宅配ロッカーシェア7割、フルタイムシステム驚異的成長の秘密 1

INSIGHT NOW! 編集部
クイックウィンズ株式会社

今やマンションの必需品となった宅配ロッカー。そのシステムを日本で初めて立ち上げ、ダントツのシェアを誇るのがフルタイムシステム社だ。圧倒的なポジション獲得に到る同社の経緯に迫る。

第1回 「キッカケはゴルフバッグ盗難事件」


■宅配便増加と管理事務所のトラブル

「ゴルフセットを盗まれたんですよ。これがもうえらい損害で何とかせなあかんと思たんです」

フルタイムシステム社が日本で初めて開発した宅配ロッカーは、サービス開始以来お客さまの声に応えることで格段の進化を遂げてきた。しかし、そもそものアイデア自体は意外なことに顧客ニーズからではなく、原社長が抱えていたトラブル対策として生まれた。

「当時、うちはマンションの管理会社をやっていました。もう30年以上も前のことで、その頃から少しずつ宅配便の荷物が増えてきたんです。住人の留守中に届いたら、とりあえず管理事務所で預かるんやけど荷物は増える一方です。よくトラブルが起こったんです。極めつけがゴルフバッグ盗難事件やね」

事務所に入りきらない荷物はドアの外に置くしかない。それを盗まれたのだ。

「マンション管理の利益なんてそう多くはないでしょう。そやのに当時30万ぐらいするゴルフバッグを取られたりしたら、パァーやないですか。こら、絶対に何とかせんと会社が潰れると思いました」

悩んだ末に考えついたのが宅配ロッカーである。これで荷物の受取人が不在の場合でも届いた荷物を一時的に保管できる。たとえば宅配便業者が荷物を届けにきて、受取人が不在ならこのロッカーに荷物を入れておけばいい。受取人は残されたメッセージを見て、ロッカーに取りに行けばいい。

「例えIDカードをなくしても、ロッカーの解錠は管理センターで24時間対応します。これやったらお客さんも便利やし盗難の心配もない。しかもセンターに24時間必ず電話がつながるから安心でしょう」

記念すべき宅配ロッカー第一号は単身者向けのワンルームマンション用に開発された。

「最初から各ロッカーに必ず電話回線を引いてました。第一号はこっちもいろいろ研究するための先行投資やと割り切って、ずいぶんお金をつぎ込みましたね。何千万円もかけたシステムを数百万円で売ったんやからえらい損でしたわ(笑)」

■順調な普及と見えてきた課題

「ただお客さんの反応を見ていたら、これはビジネスになる。そう確信しましたね」

もともとマンション管理会社を経営していた原社長は、マンションデベロッパーには顔が利く。宅配ロッカーの話をすれば、どのデベロッパーからも「おもしろい」と好反応が返ってきた。そして中小デベロッパーを中心に地道に販売台数を伸ばしていく。

PR

次のページ『株式会社フルタイムシステム関連リンク』

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

クイックウィンズ株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。